3.新着書評

2019年3月29日

「死後の世界」研究

「死後の世界」研究 単行本 – 1997/8/1 隈元 浩彦 (著), 堀 和世 (著) 単行本: 239ページ 毎日新聞社

生まれ変わりや、臨死体験をまじめに科学する研究者、日本の生まれ変わり事例の現地調査、死後の世界を信じる作家たち、否定的な人びとなどを通じて、死後の世界について考える 「魂」があり、死後も存在し続けて、生まれ変わったり、死 […]

コメントなし

日本人の起源(ルーツ)を探る―あなたは縄文系?それとも弥生系? (新潮OH!文庫) 文庫 – 2001/2 隈元 浩彦 (著)

日本人は、元々住んでいた均質性の高かった縄文人に、殷のできた頃に中国大陸から朝鮮半島南部や日本列島に逃れた倭人が加わり、さらに渡来人が混じりあってできたのだろうか? 本書は、骨格、遺伝子、墓の形状、使われていた道具、AT […]

コメントなし

洞窟オジさん―荒野の43年 平成最強のホームレス驚愕の全サバイバルを語る 単行本 – 2004/4/1 加村 一馬 (著) 小学館

昭和21年生まれの男性が、13歳から57歳まで、住所不定無職で過ごした43年間の記録。彼は「洞窟オジさん」というよりも「洞窟少年」であり、都会に住めないホームレスであった。 当事者であり、著者として記載されている加村さん […]

コメントなし
東海道五十三次 山下清

東海道五十三次 (1971年) 山下 清 (著) 毎日新聞社 大型本 146ページ

東海道新幹線が開通したばかりの時期に、フェルトペンで書かれたこの遺作は、むしろ各作品に添えられた文章が響く。 長岡の花火の貼り絵や、芦屋雁之助による裸の大将で有名な山下清。彼の遺作となったのが、この東海道五十三次をフェル […]

コメントなし
全国マン・チン分布考

全国マン・チン分布考 (インターナショナル新書) 新書 – 2018/10/5 松本 修 (著) 集英社インターナショナル

『日本の伝統文化を守り、京都発の科学技術、人文科学と芸術の進展を祝う会』で、人々が歌った、それぞれの地域の女陰語を歌った歌を、日本人みんなで歌いたい すでにいくつもこの本の書評が書かれているので、重複する部分もあるかと思 […]

コメントなし
原始人健康学

「原始人健康学: 家畜した日本人への提言 (新潮選書)」藤田紘一郎 (著)(新潮社 1997年4月)

寄生虫がアレルギーにならない体を作り、マラリアに死なない体を作る。足は第二の心臓で、心理ストレスのほうが物理ストレスよりも重大だ。文明人は大変なのだ。 →目次など   この本の著者藤田紘一郎さんの本は、他に「笑うカイチュ […]

コメントなし
ヒトと文明

「ヒトと文明 ──狩猟採集民から現代を見る」尾本 恵市 (著)(筑摩書房 2016年12月)

83歳の人類学者はゴーギャンの絵を引いて、人類学は「我々はどこへ行くのか」を探求するという。彼が狩猟採集民を持ちだす意味を知って欲しい。 →目次など   著者は分子人類学者であり、遺伝子の分析からアイヌが白人系ではなく北 […]

コメントなし
野生の介護

「野生の介護―認知症老人のコミュニケーション覚え書き」三好春樹 (著)(雲母書房 2015年11月)

生活者の知恵と、学問の知恵は違う。実践者の知恵と、思索に生きる者の知恵は違う。文明が進むほどに乖離していく、前者と後者。その意味を問う。  →目次など   寂しい老人の相手をして熱心に傾聴する自分に酔いしれるボランティア […]

コメントなし
アナーキスト人類学のための断章

「アナーキスト人類学のための断章」デヴィッド グレーバー (著), 高祖 岩三郎 (翻訳)(以文社 2006年11月)

「アナーキズムが気違いではないと信ずる理由があると感じる者はアナーキストになることが多い。」 →目次など 本書の著者は、デヴィッド・グレーバーは、十代後半の頃、自分はアナーキストであるという認知にゆっくりと覚醒したという […]

コメントなし
菅野力夫

謎の探検家菅野力夫 単行本 – 2010/5/1 若林 純 (著) 青弓社

1枚の絵葉書から知ったこの探検家は、新聞社に自分を売り込み、老いも若きも引き付ける講演を重ね、絵葉書を売って探検の資金を得ることのできる人であり、戦前の日本人たちの姿を伝えてくれている貴重な人物である チリのバルパライソ […]

コメントなし
コロポックルとはだれか

コロポックルとはだれか――中世の千島列島とアイヌ伝説 (新典社新書58) 新書 – 2012/4/24 瀬川 拓郎 (著) 新典社

コロポックル伝説には裏付けとなる史実が存在すると考え探究した作品。残念ながら小人が実在するという結論にはなっていません。 私は日本のいわゆるヤマトの地に生まれました。学校教育も熱心に受けたほうではなく、国内のことでありな […]

コメントなし
ツキノワグマと暮らして

ツキノワグマと暮らして (ちくまプリマーブックス) 単行本 – 1989/7 宮沢 正義 (著) 、筑摩書房

肺結核を患う中で出会った野生のツキノワグマ。ツキノワグマ絶滅を危惧して、昭和46年から会社勤めや子育てと並行して10頭のツキノワクマを飼った市井の人である著者が、その経緯と経験を綴る 先日、ハイキングのできる、家から車で […]

コメントなし
ナヤ・ヌキ

ナヤ・ヌキ ―大草原を逃げ帰った少女 (すばらしきインディアンの子どもたち) 単行本 – 1999/2/10 ケネス・トーマスマ (著), 浜野安宏 (監修), おびかゆうこ (翻訳) 出窓社

白人に寄与した「良いインディアン」の友人であったという無名の11歳の少女は、捕らえられた敵の元から逃げ1600キロの道のりを超えて故郷に帰った。彼女は伝承され「ナヤ・ヌキ(逃げた少女)」と呼ばれた 小・中学校の教師および […]

コメントなし
「ことば」の課外授業

「ことば」の課外授業―“ハダシの学者”の言語学1週間 (新書y) 新書 – 2003/4 西江 雅之 (著) 、洋泉社

ニューギニアには色を表す単語といえば、黒、白、赤に当たる三色しかない。しかし、人々は極彩色の仮面を作る。 「ことば」とはなんでしょうか。音節を持ち未来や過去、遠方を指示できる言葉を持つのは人間だけです。それでいながら、「 […]

コメントなし
血液の闇

「血液の闇 ― 輸血は受けてはいけない」船瀬 俊介 (著), 内海 聡 (著)(三五館 2014年8月)

輸血は一種の臓器移植であるという事実と、人体には失血時に造血する機能が備わっているという事実を知って、輸血を見直すことで見えてくる闇 →目次など 臓器移植には拒絶反応が伴い、なかなか成功しないことはよく知られています。一 […]

コメントなし
国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密

国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密 単行本(ソフトカバー) – 2012/5/22 安西 正鷹 (著)、成甲書房

価値のないもの(安価な金属や印刷した紙)に価値を持たせ(信用創造)、(禁じられてきた)利子をとり、ハイパーインフレによって矛盾を解消する。マネー・システムが経済を巨大化し、地球を壊す。 難しい話題である上に、説明もわかり […]

コメントなし
ボクの学校は山と川

「ボクの学校は山と川」矢口 高雄(著)(白水社 1987年9月)

昭和14年に秋田の山村で生まれた著者は、どのような少年時代を過ごしたのだろうか →目次など   『釣りキチ三平』でおなじみの矢口高雄さんの著書です。 1987年の発行。子どもたちを取りまく環境の変化を受け、自分の子ども時 […]

コメントなし
平等と不平等をめぐる人類学的研究

「平等と不平等をめぐる人類学的研究」寺嶋 秀明 (編集)(ナカニシヤ出版 2004年4月)

人類学者が平等性を考えるとき、金持ちに対する陰口や噂は、金持ちの身勝手な行動を抑制するための重要な要素となるのだ。 →目次など   平等ということについて考えるとき、私たちは死者の怨念について考えたり、貧しい者から富める […]

コメントなし
アフリカの歴史 侵略と抵抗の軌跡

「アフリカの歴史 侵略と抵抗の軌跡」岡倉登志(明石書店 2001年1月)

アフリカの歴史を見ると日本の歴史が見えてくる この本は、アフリカの長い歴史を知りたいと借りた本でしたが、奴隷貿易が始まった頃以降についてのみ扱われていたため、5分の1程読んで終えてしまいました。そこまでの部分でも日本の現 […]

コメントなし
縄文日本文明一万五千年史序論

「縄文日本文明一万五千年史序論」太田龍(著)(成甲書房 2003年7月)

毒にもなるが価値観の相対化のためにぜひ読みたい本  太田龍氏は、本書の裏表紙に掲載された著者近影による限り、もうずいぶん前に亡くなった私の祖父に似た雰囲気があり、私は個人的に親近感を寄せています。 本書では、日本文明は縄 […]

コメントなし
ヘンプ読本―麻でエコ生活のススメ

「ヘンプ読本―麻でエコ生活のススメ」赤星 栄志(著)(築地書館 2006年7月)

日本の文化財を支え、大豆よりも優れた食品でもあり、燃料や建築材としても利用でき、ケシとはまったく違う大切な植物大麻 →目次など 大麻は危険ではないという話を聞いて、何冊か本を読んでみましたが、結局、どうやら絶対に安全とは […]

コメントなし
秘境パタゴニア

「秘境パタゴニア」飯山達雄 (著), 西村豪 (著)(朝日新聞社 1970年8月)

最後の三人となった純粋なジャガネス(ヤーガン族)の姿などを収録した、写真主体のパタゴニア探検記 →目次など ウルトラマン怪獣のような姿をした裸族の情報をネットで目にして以来、その裸族とされていたヤーガン族について知りたい […]

コメントなし
墓標は語る

「墓標は語る―戦争の原因糾明こそ不戦につながるのだ」山本文子(ブイツーソリューション 2014年4月)

戦争に向かおうとする時代に読む 気になる動きが続いています。・ムサシという会社を特定して、その実施が疑われている選挙不正。メディアは開票機による不正ではなく、参議院選白票水増し事件を大々的に取り上げて、選管も市民による監 […]

コメントなし
イノシシと人間―共に生きる

「イノシシと人間―共に生きる」高橋春成(編集)(古今書院 2001年12月)

食害を通じて知るイノシシと人間の近さ  →目次など 人類はどのような生きものなのでしょうか。大型の動物であって、草食動物でも肉食動物でもなく、甘いものが好きで、知恵と知識を使い、手を使い、集団行動をします。狩りをすること […]

コメントなし
家庭で出来る自然療法

「家庭で出来る自然療法」東城百合子 (著)(あなたと健康社 1978年1月)

「もっと早く知りたかった」という声の多い、自然療法のバイブル的ロングセラー →目次など   ・家庭で応急処置をしたい。・できれば、薬を使わずに治したい。・体に備わった自然治癒力を高めて治したい。・完治を目指すのではなく、 […]

コメントなし

「アフリカ最後の裸族」江口一久(大日本図書 1978年2月)

近代的生活は独立性を奪う  →目次など 著者の江口氏は、「アフリカの魅力が体にしみこんだ日本人」といわれるような素敵な方のようです。私は、今回、この本で初めて知りましたが、すっかり好きになりました。残念ながら2008年に […]

コメントなし

「カムイ伝講義」田中 優子(著)(小学館 2008年10月)

江戸時代初めの架空の村を舞台に忍、非人、穢多、農民、下級武士、漁民、マタギ、サンカらの生活を描く『カムイ伝』を題材に江戸と今を見る。 →目次など   『カムイ伝』は、プロレタリア画家を父に持ち1932年生まれの白土三平氏 […]

コメントなし
水木サンと妖怪たち

「水木サンと妖怪たち: 見えないけれど、そこにいる」水木しげる(著)(筑摩書房 2016年5月)

精霊を信じることを経済発展と同じレベルで考える  →目次など 妖怪や幽霊、精霊、妖精など、目に見えない存在は、非科学的に思えるかもしれません。しかし、錯覚と同じように客観的には事実ではなくとも本人にとっては確実なものと感 […]

コメントなし
ミクロネシア民族誌

「ミクロネシア民族誌 (1943年)」松岡静雄 (著)(岩波書店 1943年1月)

南洋庁の協力を得て新たに資料を集め元海軍大佐がまとめた、日本の委任統治領となった南洋群島(ミクロネシア)の民族誌  →目次など ミクロネシアとは、太平洋に浮かぶ島々のうち、フィリピンの東方、日本列島の南に広がる島々です。 […]

コメントなし
オオカミはなぜ消えたか―日本人と獣の話

「オオカミはなぜ消えたか―日本人と獣の話」千葉 徳爾 (著)(新人物往来社 1995年5月)

民俗学者が探る日本人と獣の関係 →目次など 日本にはさまざまな獣が住んでいました。多くは今も住んでいます。 猪と鹿(害獣)、熊(山の精の化身、狩猟の対象)、狐やムジナ(狸、穴熊)、カワウソ(オイテケ掘り)、カモシカ(深山 […]

コメントなし
動物の計画能力「思考」の進化を探る

「動物の計画能力: 「思考」の進化を探る (プリミエ・コレクション)」宮田 裕光 (著)(京都大学学術出版会 2014年4月)

哺乳類と鳥類という、ともに体温を維持し、育児を行う種にみられるプランニング能力の収斂進化をさぐる →目次など チンパンジーは石のないところで木の実を割るために遠くから石を運んできます。カケスなどの鳥たちは、木の実をすぐに […]

コメントなし
世界の狩猟民 その豊穣な生活文化

「世界の狩猟民 その豊穣な生活文化」カールトン・スティーヴンズ・クーン(著) 平野温美・鳴島史之(訳)(法政大学出版局 2008年2月)

世界の狩猟採集民を集めた待望の一冊、ついに刊行?  次第によくなっているのだという喧伝に反して、住みにくくなる一方の社会。その根本原因を邪悪な者たちに求める陰謀論。しかし、批判と指摘に明け暮れるだけでは明日はきません。な […]

コメントなし
サバンナの動物親子に学ぶ

「サバンナの動物親子に学ぶ」羽仁 進 (著) ミロコマチコ (絵)(講談社 2011年8月)

動物たちは生と死という大問題を考えたことがある。しかし、死を避ける工夫よりも生を楽しむことに重きをおいている →目次など 帯には次のように書かれています。 動物も人も死を避けるために、いろいろ工夫をします。 しかし、その […]

コメントなし
マタギに育てられたクマ―白神山地のいのちを守って

「マタギに育てられたクマ―白神山地のいのちを守って (感動ノンフィクションシリーズ) 」金治 直美 (著)(佼成出版社 2008年12月)

クマを仕留めたマタギたちは重々しい表情を浮かべた 「マタギ」という言葉は知っていましたが、一般に猟師のことを指すのかなぐらいの認識しかありませんでした。WikiPediaによれば、猟師一般ではなく、独特な宗教観や生命倫理 […]

コメントなし
住んでびっくり!西表島

「住んでびっくり!西表島」山下 智菜美(著)(双葉社 2006年10月)

実用性と娯楽性を兼ね備えた西表島長期居住記 →目次など 西表島は、沖縄県で2番目に大きく、八重山列島の中でも石垣島より大きい島ですが、2005年国勢調査による人口は2347人であり、市制施行している石垣島とはずいぶん様相 […]

コメントなし
あふりかのたいこ (こどものとも傑作集 31)

「あふりかのたいこ (こどものとも傑作集 31)」瀬田 貞二 (著), 寺島 龍一 (イラスト)(福音館書店 1966年12月)

「じーぷ」に乗り、「さはり」を組む「ふらんすじん」や、「たいこ」で話す「どじん」のおとこのこが登場する絵本。  ※ネタバレ注意! ※5才~小学校初級向きという1962年発行の絵本です。漢字を一切使わず、カタカナにもルビが […]

コメントなし
山暮らし始末記

「山暮らし始末記」堀越哲朗(著)(太田出版 1999年6月)

消費社会の喧騒を離れて山に暮らし、現代人がどこまで自由に生きられるかを真摯に追求した、労働と思索の記録文学。お金を使わずに生きることも、森の生活を送ることもできない現実を描く。 →目次など バブル前後の12年間、インドで […]

コメントなし
ヤナの森の生活

「ヤナの森の生活」ヤナ(著)ケイコ・フォレスト(訳)(WAVE出版 2012年2月)

素敵すぎる生き方と賛同できない価値観と 多くの共感があり、新しい知識を得ることができました。 ・仲間たちといつも話している昔ながらの村のくらし。子どもたちは小さい頃から村びとたちの語るありのままの会話を聞いて日々の暮らし […]

コメントなし
家庭でできる自然療法 誰でもできる食事と手当法

「家庭でできる自然療法 誰でもできる食事と手当法(改訂版)」単行本 – 1978/1/1 東城百合子 (著) あなたと健康社

「もっと早く知りたかった」という声の多い、自然療法のバイブル的ロングセラー   ・家庭で応急処置をしたい。・できれば、薬を使わずに治したい。・体に備わった自然治癒力を高めて治したい。・完治を目指すのではなく、病気とつきあ […]

コメントなし
人とサルの違いがわかる本

「人とサルの違いがわかる本 知力から体力、感情力、社会力まで全部比較しました」 杉山 幸丸編著(オーム社 2010年2月)

人は長距離移動に適した霊長類 本書の「はじめに」には次のようにあります。 どこかからサルたちのささやき声が聞こえてきたのだ。 「こんなにすばらしい進化の頂点に立ちながら、慢心のあまり人は絶滅への道を突き進んでいるようだ。 […]

コメントなし
グアヤキ年代記―遊動狩人アチェの世界

「グアヤキ年代記―遊動狩人アチェの世界 (インディアス群書)」ピエール クラストル (著), Pierre Clastres (原著), 毬藻 充 (翻訳)(現代企画室 2007年1月)

■権力を知りつくした「未開」社会を明らかにし、やがて「国家に抗する社会」論へ飛躍したピエール・クラストルの初仕事■  別の関心から本を探していたのですが、たまたま見つかった本は、先日読んだ『ゾミア―脱国家の世界史』と同テ […]

コメントなし
死―宮崎学写真集

「死―宮崎学写真集」 大型本 – 1994/11/1 宮崎 学 平凡社

秋の死、冬の死、春の死、動物たち。写真による現代版の「九相図」 『となりのツキノワグマ』など、長年のフィールドワークを背景に優れた作品を発表されている宮崎学さんの作品です。 「死」は不吉であり、沈鬱であり、不衛生であり、 […]

コメントなし
となりのツキノワグマ

「 となりのツキノワグマ」(Deep Nature Photo Book) 単行本 – 2010/7 宮崎 学 (著) 、新樹社

自然界の報道写真家が長年のフィールドワークに基づいて明かすツキノワグマの実態 長野県駒ヶ根市在住の写真家、宮崎学さんの本。 1982年から84年にかけて撮影したけもの道にはたった1頭しか写っていなかったクマが、2005年 […]

コメントなし
子どもの文化人類学

「子どもの文化人類学」原ひろ子 (著)(晶文社 1979年2月)

子育てを遊びととらえ、「教える」「教わる」という概念を持たないヘヤー・インディアン。十三、四歳になった男の子たちが家出をするバングラディッシュのイスラム教徒など子育ての多様性を描く。 **ネタばれ注意**北米の狩猟民ヘヤ […]

コメントなし
豚と精霊―ライフ・サイクルの人類学

「豚と精霊―ライフ・サイクルの人類学」コリン・M. ターンブル (著)太田 至 (翻訳)(どうぶつ社 1993年10月)

■精霊を感じるキリスト教徒であった人類学者が語るライフ・サイクル■  『森の猟人ピグミー』の著者、コリン・M. ターンブルの本です。 『森の猟人ピグミー』に感銘を受け、続いて本書を読みました。思っていたほどピグミー(ムブ […]

コメントなし
動物の死は、悲しい?

「動物の死は、悲しい?―元旭山動物園 飼育係がつたえる命のはなし (14歳の世渡り術)」あべ 弘士(著)(河出書房新社 2010年8月)

生、仕事、動物、さまざまな要素が詰まった本  →目次など 「14歳の世渡り術シリーズ」の一冊です。中学生以上向けですが、大人も楽しく読める本でした。さまざまな要素が含まれているお勧めの一冊です。著者のあべさんは、絵本『あ […]

コメントなし
ヒトはイヌとハエにきけ―異種間コンタクトの方法

「ヒトはイヌとハエにきけ―異種間コンタクトの方法」J・アレン・ブーン(著)上野圭一(訳)(講談社 1998年4月)

生命の共通性と人間の限界 新聞記者の後、ハリウッドでプロデューサーとして活躍し、スター俳優犬であったストロングハートとの共同生活を経て、1940年代に、ヒトは全生物と心を通わせることができるとして話題になり、「ハリウッド […]

コメントなし
顔の本―顔はさまざまなことを語ろうとしている

「顔の本―顔はさまざまなことを語ろうとしている」香原 志勢 (著)(講談社 1985年3月)

間取りの工夫が顔を作る →目次など 『はだかの起原』で紹介されていた方だったとうろ覚えで手に入れたこの本ですが、調べてみたところ別の方でした。 しかし、生物進化を踏まえ、また人類学者として人種や民族の違いを調べていくなか […]

コメントなし
食生活と身体の退化―未開人の食事と近代食・その影響の比較研究

食生活と身体の退化―未開人の食事と近代食・その影響の比較研究 (1978年)

1930年代、近代人における虫歯の広まりと身体の退化を食い止めようと、未開人社会を調査したW.A.プライス博士 要約が公開されているようなので、まずご覧ください。 写真を見ていくと、近代食の影響の大きさに驚かされます。親 […]

コメントなし
脳の神話が崩れるとき

「脳の神話が崩れるとき」マリオ・ボーリガード (著), 黒澤 修司 (翻訳)(KADOKAWA/角川書店 2014年1月)

ニューロフィードバックがアルコール依存症の治療と再発の防止やてんかんの治療に役立ち、長年瞑想を続けた修行僧の脳には変化が生じ、催眠は痛みを消し、臨死体験者や宇宙飛行士は価値観を変える →目次など 「熟練の科学者たちが子ど […]

コメントなし

Posted by toshi