戦前絵葉書

Souvenir of Mayasan.15.9.10の日付の入った摩耶山参拝記念スタンプを押してあります。  摩耶山から星掬台の向こうに六甲山を望んだ、北東方向の風景でしょうか。六甲・まや空中散歩のケーブル・ロープ

戦前絵葉書

A STEAMER JUST LAEVING THE PIER AT KOBE. 神戸元町 栄屋発行

もくもくと黒煙を上げる蒸気船が写っています。場所の詳細はわかりません。

 

神戸埠頭を

戦前絵葉書

アンティーク絵葉書に見る福岡県の昭和10年代小倉の町並みに、このころの小倉の様子を写した絵葉書が多数紹介されています。この絵葉書と同種と思われる絵葉書もあります。 紫川については北九州市のサイトに記事があります。市内

戦前絵葉書

「Castle of Ahaski」とありますが、「Castle of Akashi」の誤植でしょう。 錦江城は明石城の別名。明石市市立錦城中学校のページに錦江城の由来が記されています。本市のシンボル明石城は、はじめ

戦前絵葉書

東京神田豊島町桜井合名会社印刷 がりつうしんに3ページの記事があります。万人風呂は、甘湯温泉を名乗った袖ヶ沢温泉の霞上館にあったようです。名所「万人風呂」がある旅館の名前が「霞上館」なのだった。「万人風呂 霞上館」は

戦前絵葉書

中央よりも少し上、右寄りに口を開けているのが白雲洞です。白雲洞と呼ばれる場所は、広島の帝釈峡にもありますが、これは那須塩原温泉の白雲洞です。さばちさばちに塩原の白雲洞の記事があります。白雲洞がはっきりと写った昭和初期

戦前絵葉書

大島屋百貨店発行  山形県鶴岡市、羽越本線あつみ温泉駅、日本海東北自動車道あつみ温泉ICがあります。庄内平野から新潟平野に向かう途中にあり、温見川は海へと注いでいます。山形県のサイトに次のようにあります。 

 開

戦前絵葉書

スタンプの文字は読みづらいですが、18.7.25または13.7.25とあるようです。立札には「二ノ丸門」とあります。「ニの門」と呼ばれることも多いようです。 

岐阜城をゆくによると、1975年(昭和50)に冠木門

書評

弥生語が縄文語を駆逐したと決めてかかるのではなく、方言分布、アクセントの発生、特殊仮名遣いの成立、連濁現象、四つ仮名もの問題など言語学的に分析して、日本語の基底としての縄文語の復元を試みる 縄文人はどのような言葉を話していたのか。邪馬台国で ...

戦前絵葉書

電飾の上に戦の様子を描いたと思われる人形が飾られています。大礼記念の1銭5厘切手に昭和3年11月12日付けの神戸の消印。通りをまたぐ大きな門が作られていますが、人影はまばらです。消印当日に発行されたとすると、準備段階

戦前絵葉書

Wikipediaによると岡山医科大学附属病院は大正11年に名称変更によって誕生しています。絵葉書には「附属医院」とありますが、この附属病院を指すと思われます。

1922年(大正11年)3月

戦前絵葉書

京都嵐山にある車折(くるまざき)神社は、芸能人も多く訪れるパワースポットだそうです。(ルトロンおでかけ動画メディア)後嵯峨天皇が嵐山に訪れた際、社前で牛車の轅(ながえ)が折れて立ち往生したそう。天皇はその神威を畏れ、

戦前絵葉書

現在のホテル川六エルステージ 高松川六ホテルと香川名所(南玄関・栗林公園/ばらの間・屋島/大広間・金刀比羅宮) 戦前絵葉書3枚まとめて

戦前絵葉書

丹波国穴太寺参拝章 京都府亀岡市曽我部町。布団に入った寝仏のお寺『穴太寺』@京都府亀岡市に記事があります。丹波の国の古刹として知られたお寺ですが、今はかなり規模が小さくなっています。元のご本尊が盗難にあったまま行方不

戦前絵葉書

福岡県太宰府市の大宰府史跡に含まれる国分瓦窯跡と思われます。現在は灌漑用水のため池の中に水没しているそうです。 (筑前)都府楼 瓦窯埋没址(政庁址の北約四十間)戦前絵葉書 

戦前絵葉書

PLACE OF SCENIC GERO YUNOSHIMA. (HOT SPRING HIDA.ONE OF THE THREE NOTED HOT SPRINGS IN JAPAN)飛騨に名所も数ある中に 此処は

戦前絵葉書

なまめきし博多伊達巻する人を歌麿の絵の君とたたずむ 吉井勇華麗な古典的の装いの中に、南欧の夢を思わせる絢爛な風を配した室内には、聡明にして情熱に燃える艶女が、粉黛をこらして綺羅をかざって待っている。薄桃色の几帳のかげ

戦前絵葉書

日露戦争史に、第3次旅順総攻撃の戦闘チャートがあります。この絵葉書は、次の戦いの後で撮影されたものと思われます。203高地占領後、当初の計画どおりにロシア海軍第一太平洋艦隊(旅順艦隊)への砲撃が強化され、戦艦ペレスヴ

戦前絵葉書

熊野(ゆや)の像藤棚 総面積 百坪 最長 五尺開花 毎年四月中旬ヨリ五月上旬マデ行興寺(ぎょうこうじ)と熊野の長藤(ゆやのながふじ)というページや、(1)行興寺
 時宗の寺。熊野(ゆや)御前にゆかりの深い寺と

戦前絵葉書

ニッポン旅マガジンに記事があります。島根半島の中心部、標高300mの一畑山の山上に建つ名刹、総本山一畑寺(いちばたじ)。一般的には一畑薬師(いちばたやくし)の名で、「目のお薬師様」として知られています。894(寛平6