戦前絵葉書

 



詩仙堂のサイトもありますが少々文章量が多くなっています。詩仙堂 早わかりNaviにポイントが簡潔にまとめてあります。詩仙堂の観光チェックポイント
◎文人・漢詩人の

戦前絵葉書, 戦後の絵葉書

 

曾我兄弟と虎御前の墓は、俗称であって、本物ではありません。(伊東温泉)賽者常に絶えざる伊藤祐親の墓(曾我兄弟の祖父)という絵葉書も発行されているように、以前は、三大仇討ものということで曾我兄弟が多く取

戦前絵葉書

毛利輝元 安芸周防長門石見因幡佐耆出雲隠岐備後備中等を領す 天正十七年始めて広島に城きて吉田より徒る 慶長五年萩に徒りて周防長門を領す福島正則 慶長五年安芸備後四十九万八千二百石を領して清須より広島に入城し元和五年国除せらる浅野長晟 ...

戦前絵葉書

 

アイヌの機織りについて、展示の仕方が間違っていたという企画展が2004年に国立民族博物館で開催されました。そのときのPDFファイルがあります。これによると、少なくとも江戸時代には機織りが行われていたよ

戦前絵葉書

 

宛名面

渋沢社史データベースによると、昭和5年(1930年)に日東紡績金沢製糸工場が新設されています。「日東紡績 金沢工場」で画像検索すると、同じシリーズと思われる絵葉書が何枚か見つかります。この絵葉書はシリーズ ...

戦前絵葉書

 

賀茂郡西志和村農業補習學校女子部割烹實習と同じシリーズのようです。繰り返しになりますが、農業補習学校を含む実業補習学校は1935年の青年学校令で青年訓練所と統合されて青年学校となっていますので、

戦前絵葉書

 

昔宮廷に咲きそめた美妓、今に絢爛たる半島の匂ふ。立てば芍薬!!すわれば牡丹?薫唇ほころびんとして馥郁たる王朝の夢を宿す、

 

「薫唇」という言葉があるのかと思って検索してみましたが造語のようです。「妓 ...

戦前絵葉書

帝国劇場について(コトバンクより)東京都千代田区丸の内3丁目にある劇場。通称帝劇。 1911年3月開場。ルネサンス風のフランス様式を模した劇場で客席天井の和田英作の天女の油絵,プロセニアムの華麗な彫刻が有名

戦前絵葉書

 

北の山菜Web3号店にアキタブキの写真があります。この絵葉書のものよりもさらに大きく育っています。【秋田蕗】
北陸〜北海道に自生するキク科フキ属の多年草で雌雄異株の植物です。
一般的な

戦前絵葉書

「『ざっかや空多』のたどり着いたらいつも雨降り」の浄の池の珍魚など3ページに、この池と魚について記されています。現在の横山医院(伊東市和田1-4-20)にあったそうです。地図で見ると市街地の中にありま

戦前絵葉書

 

産経新聞に記事があります。1930(昭和5)年に工事が開始され、1933年、日本で2番目の地下鉄として梅田-心斎橋間が開業した。梅田駅、淀屋橋駅、心斎橋駅は地下の大空間が印象的だ。上り下りのホームを1

戦前絵葉書

 

琵琶湖ホテルの歴史に次のようにあります。昭和9(1934)年10月、風光明媚な水辺の景勝地として知られる大津にリゾートホテルとして開業しました。設計は、大阪中之島の中央公会堂や東京神田の再建ニコライ堂

戦前絵葉書

 

THE QUIET SCENE OF FISHING BOATS, MOORING ON THE BEACH OF ISO AND THE DISTANT VIEW OF PRINCE SHIMAZU VILLA, KAGO ...

戦前絵葉書

 

名古屋市公会堂 鶴舞公園一角にあり大正14年御成婚記念事業として建設され市民集合機関に供す、昭和2年3月15日起工し、鉄筋コンクリート5階立にして高サ88尺4寸奥行221尺5寸間口163尺5寸建坪749坪余あり本市に於 ...

戦前絵葉書

 

<論説>琵琶湖の自然環境から見た中世堅田の漁撈活動(pdfファイル)に堅田を中心とする琵琶湖の漁撈活動について詳しく記されており、地引網にも言及があります。水深15m以浅に限られるとあります。現在では

戦前絵葉書

 

主婦之友(第十六巻第九号)附録
昭和七年八月八日印刷納本
昭和七年九月一日發行
編集發行人兼印刷人 八代 登
發行所主婦之友社
こゝへ一錢五厘の切手をお貼ヶくだ ...

戦前絵葉書

 

優待券は両面印刷の同じものが2枚入っています。

上左:母国ヲ距ル一万哩ノ地点、日章旗ヲ捧グル「ベルヂスタン」ノ民、駱駝背上ノ世界探検家菅野力夫上右:鬱蒼タル椰子ノ大森林ヲ単身跋渉中ノ菅野力

戦前絵葉書

 

江の島マニアックに江の島岩屋に関する記事があります。江戸時代の浮世絵も紹介されています。

江の島岩屋は波の浸食によって出来た自然の洞窟で古くから信仰の対象として親しまれてきました。江の島には龍窟と

戦前絵葉書

椙山女学園 椙山歴史文化館によると、「椙山女学校」は1925(大正14)年に、名古屋縫製女学院と椙山高等女学校からの名称変更によって生まれ、1937(昭和12)年に椙山女子商業学校の開校に伴って廃止されています。

戦前絵葉書

 

高麗陣敵味方戦死者供養碑(高野山・奥の院)に、この碑に関する和歌山県による説明文があります。和歌山県指定文化財史跡 高麗陣敵味方戦死者供養碑指定年月日 昭和三十三年四月一日慶長四年(西暦一五九九年)に