戦前絵葉書

林 子平(はやし しへい、元文3年6月21日(1738年8月6日) – 寛政5年6月21日(1793年7月28日))は、江戸時代後期の経世論家。寛政の三奇人の一人 林子平によると、子平が「海国兵談」

戦前絵葉書, 戦後の絵葉書

登山バス
おどん達が こまか時とにあとんと
変ってしもうた がまだして登らん でん とっぺんまで バスの行く

雲海
朝霧の阿蘇山は丁度海んなかん
離れ島んごたったい

戦前絵葉書

 

「馬糞石」葛西 善蔵という作品があったり、なんでも鑑定団に出されたことがあったり、千葉県の房総半島に産するとされていたりしますが、どれも少し違うように思えます。

戦前絵葉書

雄心空しく万里異郷の鬼と化せる故大阪府立四条畷中学校長青木欣四郎氏の墓(チリー国バルパライソ市)(菅野探検家実写一万二千枚の内)

一木の緑なく一草の紅なき
渺茫たる砂の海
アンデス連

戦前絵葉書

中国の鵜飼と日本の鵜飼のどちらが古く、どちらかから伝わったのか独自に始まったのかは、参照するページによって記述が異なり、定説はないようです。

太原平野は河北平原にあたるようです。

戦前絵葉書

輜重(しちょう)については、Tadao氏筆を参照ください。

野砲(やほう)は、コトバンクに「野戦砲とも呼ばれる。野戦に使われるすべての火砲。要塞砲,海岸砲のように固定されて使われる砲と区別され,移動

戦前絵葉書




51番から始まっているので、シリーズものの一部であることはわかりますが、全体像は不明です。

 

戦前絵葉書

いずれも二つ折りの横長絵葉書

袋裏面と宛名面

 

平和記念東京博覧会は、大正11年(1922年)に上野公園で開催された博覧会です。わが国博覧

戦前絵葉書

大阪市庁舎

青空を突き破るような尖った塔が高う聳えてゐまッしゃろ。
そのテッペから地面まで百七十六尺やそうだす。工費が三
百五十万円で三年越しかかって大正九年の五月にでき上っ

戦前絵葉書

山の上に浮島があるってホントによると、実際に浮いていて、中には乗れるものもあるようです。

 

 

 

噴湯は間欠泉ではなく、蒸気が吹きあがり続けているそうです。

戦前絵葉書

昭和十二年七月七日夜盧溝橋北方龍王廟
附近ニテ皇軍演習中突如不法ニモ支那軍
ノ発砲を受ク。依テ清水部隊長ハ直チニ
兵ヲ集メテ対応善処セリ。之実ニ今事変
ノ発端ナリ

戦前絵葉書

京都 紀念動物園 今上陛下御慶事奉祝の紀念として明治三十三年之を設け珍禽奇獣を飼育し公衆の観覧に供す 園内池あり噴水あり 四時の草花は紅紫相競う

明治150年京都の奇跡には次のようにありま

戦前絵葉書

リンク先(pdf)によると、男性の海士は世界中にいますが、海女は日本の他は韓国の済州島に見られる程度とのことです。

戦前絵葉書

「画舫(ガボウ)」とは、「絵をかいたり彩色を施したりした中国の遊覧船。転じて、美しく飾った遊覧船。」とあります。(goo辞書)

 

戦前絵葉書

北海道ヘンプ協会によると、大麻は縄文時代から北海道にもあり、明治初期に函館の五稜郭で新政府と最後まで戦った榎本武揚が麻の栽培や北海道の麻産業に尽力していたとことです。

戦前の日本では米とと

戦前絵葉書


上の二枚は中国人の日常生活、下の二枚は軍隊の活動になっています。

穴居生活は、中国西北地区に見られる伝統的な洞穴式住居「ヤオトン」のことのようです。

 

戦前絵葉書

輜重(しちょう)とは、「軍隊の糧食・被服・武器・弾薬など、輸送すべき軍需品の総称」だそうです。

戦前絵葉書

堅田源兵衛の首とされている骨が滋賀県大津市の3箇所の寺にあるそうです。これはその1つ。絵葉書ではなく、薄い紙に印刷された写真です。

堅田源兵衛法首の由来
文明十二年真

戦前絵葉書

良子女王殿下は久邇宮邦彦王殿下の第一女にましまし、明治二十六年三月六日に御生れあそばさる。同四十年学習院女学部に御入学以来、大正七年まで御在学。同八年六月十日皇太子妃に冊立御治定あらせらる。

ブログ

2021年3月20日、お彼岸、海を見に行きました。

堤防から海辺まで200メートルほども幅のある砂浜が数キロにわたって続き、海に向かって立つと目の前全体に水平線が広がっていました。

波打ち際に寝転んで目を閉じれ ...