1.新着戦前絵葉書

2019年3月29日

林子平先生の墓(仙台名勝)

林子平先生の墓(仙台名勝) 宮城県 ― 2018-07-08

林 子平(はやし しへい、元文3年6月21日(1738年8月6日) – 寛政5年6月21日(1793年7月28日))は、江戸時代後期の経世論家。寛政の三奇人の一人 林子平によると、子平が「海国兵談」を書いてロ […]

コメントなし
登山バス/雲海

阿蘇地方の方言 肥後ことば 昭和レトロ絵葉書8枚 封筒付き 熊本県 ― 2018-07-07-2

登山バスおどん達が こまか時とにあとんと変ってしもうた がまだして登らん でん とっぺんまで バスの行く 雲海朝霧の阿蘇山は丁度海んなかん離れ島んごたったい ほんに眺めのよかなあ 前草千里「牛てろ馬てろは夜さもこぎやんし […]

コメントなし
馬糞石(静岡停車場前 旅館 静栄館 所蔵)

馬糞石(静岡停車場前 旅館 静栄館 所蔵) 静岡県 ― 2018-07-06

  「馬糞石」葛西 善蔵という作品があったり、なんでも鑑定団に出されたことがあったり、千葉県の房総半島に産するとされていたりしますが、どれも少し違うように思えます。

コメントなし
故大阪府立四条畷中学校長青木欣四郎氏の墓(チリー国バルパライソ市)

明治生まれの探検家 菅野力男 ― 故大阪府立四条畷中学校長青木欣四郎氏の墓(チリー国バルパライソ市)2018-07-06-5

雄心空しく万里異郷の鬼と化せる故大阪府立四条畷中学校長青木欣四郎氏の墓(チリー国バルパライソ市)(菅野探検家実写一万二千枚の内) 一木の緑なく一草の紅なき渺茫たる砂の海アンデス連峰とペルー国大砂漠地帯を探検中の菅野力男 […]

コメントなし
天津白河鵜飼風景 山西省 太原平野にて

中村直人筆 軍事郵便4種(天津白河鵜飼風景/山西省 太原平野x2/山西省子洪鎮) ― 2018-07-06-4

中国の鵜飼と日本の鵜飼のどちらが古く、どちらかから伝わったのか独自に始まったのかは、参照するページによって記述が異なり、定説はないようです。 太原平野は河北平原にあたるようです。

コメントなし
難行軍ノ輜重隊 進撃スル野砲隊

向井潤吉氏筆 軍事郵便4種(難行軍ノ輜重隊/進撃スル野砲隊/暁ノ騎兵斥候/突入スル戦車) ― 2018-07-06-3

輜重(しちょう)については、Tadao氏筆を参照ください。 野砲(やほう)は、コトバンクに「野戦砲とも呼ばれる。野戦に使われるすべての火砲。要塞砲,海岸砲のように固定されて使われる砲と区別され,移動性を特徴とする。」とあ […]

コメントなし
ラ・ヘテプ・ネフェルト座像/ラスコー壁画 ミロのヴィナス像/パルテノン神殿

美術教材?京都市中学美術教育研究会編 西洋美術の部 ― 葉書大薄手カード 2018-07-06-2

51番から始まっているので、シリーズものの一部であることはわかりますが、全体像は不明です。  

コメントなし
第二会場全景/ (第一会場)正門内全景

平和記念東京博覧会 原色写真版 15枚と袋 東京上野 ― 2018-07-05-11

いずれも二つ折りの横長絵葉書 袋裏面と宛名面   平和記念東京博覧会は、大正11年(1922年)に上野公園で開催された博覧会です。わが国博覧会の歴史と変遷(pdf)によると、100万人を超える入場者数を集めた博覧会が大正 […]

コメントなし
大阪市庁舎/築港大桟橋/大阪府庁

大阪みやげ 名所絵葉書 大阪言葉の説明入り 袋付き 16枚中9枚 昭和4年 大阪府 ― 2018-07-05-7

大阪市庁舎 青空を突き破るような尖った塔が高う聳えてゐまッしゃろ。そのテッペから地面まで百七十六尺やそうだす。工費が三百五十万円で三年越しかかって大正九年の五月にでき上ったんだす。 築港大桟橋はげしい大阪の商売は大船小船 […]

コメントなし
渋池浮島に乗りて漕ぎ回る景 遊園地より温泉場を望む

渋温泉 4枚 (長野県下高井郡山ノ内町) 浮島/遊園地より/大湯/地獄谷の噴湯 ― 2018-07-05

山の上に浮島があるってホントによると、実際に浮いていて、中には乗れるものもあるようです。       噴湯は間欠泉ではなく、蒸気が吹きあがり続けているそうです。

コメントなし
監視哨/夕べの集ひ

等々力巳吉氏筆 軍事郵便3種 監視哨/夕べの集ひ/盧溝橋事件 ― 2018-07-05-1

昭和十二年七月七日夜盧溝橋北方龍王廟附近ニテ皇軍演習中突如不法ニモ支那軍ノ発砲を受ク。依テ清水部隊長ハ直チニ兵ヲ集メテ対応善処セリ。之実ニ今事変ノ発端ナリ 雨のち晴れの記には、盧溝橋事件は共産党による謀略だったとあります […]

コメントなし
京都 紀念動物園

京都 紀念動物園 ― 2018-07-04

京都 紀念動物園 今上陛下御慶事奉祝の紀念として明治三十三年之を設け珍禽奇獣を飼育し公衆の観覧に供す 園内池あり噴水あり 四時の草花は紅紫相競う 明治150年京都の奇跡には次のようにあります。 2015年9月,段階的なリ […]

コメントなし
海女(疲れの身を憩い場へ)

海女(疲れの身を憩い場へ) 場所不明 ― 2018-07-04

リンク先(pdf)によると、男性の海士は世界中にいますが、海女は日本の他は韓国の済州島に見られる程度とのことです。

コメントなし
画舫に乗って/水路を行く

中支明朝風俗2枚 画舫に乗って/水路を行く ― 2018-07-03

「画舫(ガボウ)」とは、「絵をかいたり彩色を施したりした中国の遊覧船。転じて、美しく飾った遊覧船。」とあります。(goo辞書)  

コメントなし
帝国製麻株式会社(札幌)

帝国製麻株式会社(札幌) 北海道 ― 2018-07-03

北海道ヘンプ協会によると、大麻は縄文時代から北海道にもあり、明治初期に函館の五稜郭で新政府と最後まで戦った榎本武揚が麻の栽培や北海道の麻産業に尽力していたとことです。 戦前の日本では米とともに注力されていた農作物でした。 […]

コメントなし
山西の穴居生活/野菜を買って来た女

鶴田吾朗氏筆 軍事郵便4枚 ― 2018-07-03

上の二枚は中国人の日常生活、下の二枚は軍隊の活動になっています。 穴居生活は、中国西北地区に見られる伝統的な洞穴式住居「ヤオトン」のことのようです。  

コメントなし

軍事郵便 Tadao氏筆3枚(娘子関を越える重爆隊/保定に於ける鉄道隊の奮戦/雁門関の険を突破する自動輜重隊) ― 2018-07-02-1

輜重(しちょう)とは、「軍隊の糧食・被服・武器・弾薬など、輸送すべき軍需品の総称」だそうです。

コメントなし
堅田漁夫 源右衛門父子之影像 両願寺 滋賀県大津市 ― 2018-07-01

堅田漁夫 源右衛門父子之影像 両願寺 滋賀県大津市

堅田源兵衛の首とされている骨が滋賀県大津市の3箇所の寺にあるそうです。これはその1つ。絵葉書ではなく、薄い紙に印刷された写真です。 堅田源兵衛法首の由来文明十二年真宗八代蓮如上人が山城国山科に御坊を建立せられたるに際し、 […]

コメントなし
御成婚記念 良子女王殿下

御成婚記念 良子女王殿下 昭和天皇 ― 2018-06-30

良子女王殿下は久邇宮邦彦王殿下の第一女にましまし、明治二十六年三月六日に御生れあそばさる。同四十年学習院女学部に御入学以来、大正七年まで御在学。同八年六月十日皇太子妃に冊立御治定あらせらる。両殿下御成婚の後は赤坂離宮に御 […]

コメントなし
(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む

戦前絵葉書3枚(青森県三戸)

黄金橋について、三戸町のサイトに次のようにあります。   南部家の家史や「祐清私記」などによれば、今から六百数十年ほど前のこと、宗家南部氏の中興の大業を成し遂げた十三代南部守行の父、遠江守政行(十二代)の時だった。南部政 […]

コメントなし
(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む

戦前絵葉書2枚(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む/鶴岡公園グラウンド

        山形県鶴岡市の鶴ケ岡城址公園(鶴岡公園)の絵葉書です。 大宝館について(到道博物館サイトより) 大寶館 大寶館は、大正天皇の即位を記念して創建され、大正4年(1915)10月に完成、11月10日即位の日に […]

コメントなし
電鉄市営記念 6名の肖像

名古屋市 電鉄市営記念絵葉書2枚

    上段左から 佐藤前市長 川崎市長 大喜多前市長 下段左から 青山前議長 富田社長 竹内議長     Wikipedia「名古屋電気鉄道」より 名古屋電気鉄道株式会社(名古屋電氣銕道株式會社、なごやでんきてつどう) […]

コメントなし
津市贄崎海水浴 津市役所発行

津市贄崎海水浴 津市役所発行

    現在ほとんど使われていないようで、Yahoo知恵袋に質問がありました。 質問 三重県津市の贄崎海水浴場は観光協会の地図ではまだ存在することになっておりますが50年ぶりに戻り転居して8月中毎日泳ぎに行ったら相客に出 […]

コメントなし
(津市)阿漕塚 津市役所発行

(津市)阿漕塚 津市役所発行

  阿漕塚に関する説明が日本伝承大鑑にあります。 【あこぎがづか】現在でも「しつこく金品をむさぼる」という意味で使われる“阿漕”という言葉であるが、その言葉の由来となったのが阿漕塚のある阿漕ヶ浦である。 現在、阿漕ヶ浦の […]

コメントなし
由比ヶ浜

由比ヶ浜 (説明文入り/潮干狩り)

霊仙崎より材木座飯島ニ至る弓形の浜にして治承四年石橋山の役に三浦義澄畠山重忠と此浜辺に戦ふ四条天皇貞永元年北条泰時舟舷着岸ノ煙なからじめんとして功成らず 乾潮の際沖合遥ニ乱岩見ユ 今ハ海水浴場として著名也(読みにくい文字 […]

コメントなし
横浜三渓園桜花

横浜三渓園桜花 戦前絵葉書(アルバム跡あり)

左下に「Cherry Blossoms in Sannotani Park, Yokohama」とあります。     三渓園のサイトがあります。   施設のご案内に次のようにあります。 三溪園は横浜市中区本牧三之谷にあり […]

コメントなし
哈爾浜松花江の風勝(哈爾浜の景勝)

哈爾浜松花江の風勝(哈爾浜の景勝)

    哈爾浜(ハルビン)は中国黒竜江省にある副省級市。黒竜江省の中南部、北流してアムール川に注ぐ松花江の河畔に位置する。黒竜江省人民政府の所在地であり、黒竜江省の政治・経済の中心。2015年時点での市区人口は約590万 […]

コメントなし
(讃岐)源平古戦場屋島登山記念遊覧籠 八島寺スタンプ

(讃岐)源平古戦場屋島登山記念遊覧籠 八島寺スタンプ

八島寺(屋島寺)のスタンプ押されていますが、下の部分の文字は消えかけていて判読できません。   高松岡部製図電話九番   屋島寺へは屋島スカイウェイを通って、自動車でも徒歩でも行くことができます。 屋島は高松市の東、標高 […]

コメントなし
(隠岐)県社 焼火神社

(隠岐)県社 焼火神社 戦前絵葉書

TAKUHI SHRINE ON THE OKI ISLAND 隠岐の両帝御信仰厚く開場の社宝多く所蔵さる     両帝とは、隠岐に島流しになった後鳥羽天皇(1180年8月6日〈治承4年7月14日〉- 1239年3月28 […]

コメントなし
(安房)小湊誕生寺仁王門及鐘楼12

(安房)小湊誕生寺仁王門及鐘楼12

  千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイトがあります。 仁王門は、宝永3年(1706)建立。平成3年大改修。公式サイトにある現在の仁王門の写真と絵葉書の仁王門を比べるとずいぶん違って見えますが、絵葉書は裏から撮ったも […]

コメントなし
京都 三尾ノ一 塡尾 TAKAO

京都 三尾ノ一 塡尾 TAKAO 戦前絵葉書

  三尾は、京都北山の高雄(尾)・栂尾・槙尾の三地域を指し、紅葉の名所になっています。   三尾を知らずして京都の秋を語るなかれ。京の秋、定番中の定番、THE定番、ここに降臨   絵葉書には「塡尾」とあるように読めますが […]

コメントなし
(大阪)北浜街に聳え立つ大阪株式取引所

(大阪)北浜街に聳え立つ大阪株式取引所

OSAKA STOCK-EXCHANGE STANDS ON KITAHAMA STREET, OSAKA.     大阪証券取引所ビルについて(Wikipediaより) 平和不動産の所有で、下層階は旧市場館の外観を保存 […]

コメントなし
下総国成田町ひしや旅館庭園

下総国成田町ひしや旅館庭園

  2016年4月の裏庭・成田に記事があります。 ・940年に平将門の乱が平定されたあと新勝寺が創建され、その新勝寺の門前町として、特に江戸中期から栄えてきた。 ・「成田詣で」が宿泊を伴う旅であった頃、成田山周辺の旅館で […]

コメントなし
横浜山手外人墓地 Otmetry at Yokohama

横浜山手外人墓地 Otmetry at Yokohama

  横浜外国人墓地の成り立ちについて、記されたページがありましたので、転載させていただきます。 横浜外国人墓地 略史(「資料館建設計画」及び「横浜外国人墓地について」より抜粋) 「黒船」4隻を従えたペリー提督は1853年 […]

コメントなし
(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石

(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石 宛名面戦意高揚標語入り

HERE THE EMPEROR GEDAIGO RESTED ON HIS WAY TO KYOTO. OKI 木村家邸内にあり天皇の隠岐御脱出船出の跡である。   一家の赤心国家の躍進   【2015年島根】隠岐諸島 […]

コメントなし
下呂小唄 3番歌詞

下呂小唄 3番歌詞

あすはヨー あすは日和が吹雪か雨か見やれ湯ヶ峯 ヨイヤサ うすぐもり     下呂小唄の動画がありました。 歌詞も見つかりました。作歌 平井潮湖 作曲 本間憲一 下呂はヨ 下呂は湯の嶋夫婦のいでゆ鷺と薬師の ヨイヤサ仲の […]

コメントなし
塩釜甚句踊(ハツトセ) 3番

塩釜甚句踊(ハツトセ)2枚 戦前絵葉書 2番と3番

塩釜出る時や 大てんふりよ 奏社の宮から アリヤ 胸勘定 ハツトセ ゝ     サーサ ヤッコラサと のり出すふねは 命帆をかけ アリヤ 浪まくら ハツトセ ゝ     文化の港シオーモに塩釜甚句の歴史や歌詞が掲載されて […]

コメントなし
俳人風律木像(大原新次郎氏蔵)

俳人風律木像(大原新次郎氏蔵)

風律は広島の人 木地屋保兵衛という野坡の門に入り俳諧を善くし■(一字判読不能)西の一人と呼ばる 其居を多賀亭という 天明元年没 八十四歳 墓は広島市猫屋町教伝寺に在り 此像高六寸五分許     Wikipediaより 多 […]

コメントなし
清水名所 久能山東照宮

清水名所 久能山東照宮 宛名面15-9-22付け石橋旅館スタンプ 戦前絵葉書

TOSHOGU SHRINE. MT. KUNO. SHIMIZU. 「別格官幣社東照宮」とあります。 「15-9-22」は手書きのようです。久能山 石橋旅館。   神道便覧に別格官幣社の説明があります。 別格官幣社(べ […]

コメントなし
甲斐御岳新道 昇仙橋

甲斐御岳新道 3枚 長潭/五月雨岩附近/昇仙橋 14.5.3遊覧紀念スタンプ

        甲斐御岳新道は、「新道」とありますが、江戸時代後期に作られた道です。 甲府市のサイトに説明があります。   昇仙峡は荒川上流に位置する、長潭橋(ながとろばし)から仙娥滝(せんがたき)までの約4kmに渡る渓 […]

コメントなし
近江多賀神社 飯盛木(御多賀杓子の神木)

近江多賀大社 飯盛木(御多賀杓子の神木) 宛名面書き込みあり 戦前絵葉書

Taga Shrine Omi 右上は森川許六(彦根藩士 森川百仲/芭蕉の弟子)の句と思われます。   書き込みありますが、投函はされなかったようです。   寿命石と同じシリーズかと思いましたが宛名面のデザインが違います […]

コメントなし
近江多賀神社寿命石

近江多賀神社寿命石 使用済み(1銭5厘切手 消印不鮮明)

  着荷通知が書かれています。消印は不鮮明です。   多賀神社とありますが、滋賀県犬上郡多賀町の多賀大社です。御祭神は伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)。寿命石については次のように紹介 […]

コメントなし
埼玉県 栃本関趾之一部 奥秩父

埼玉県 栃本関趾之一部 奥秩父 戦前絵葉書

    秩父市のサイトに栃本関趾のページがあります。個人所有だそうです。文政6年再建。 所在地:秩父市大滝1623番地ほか所有者:個人  栃本関は中山道(なかせんどう)と甲州街道の間道である秩父往還の通行人を取調べるため […]

コメントなし

下関名勝 先帝祭女郎道中・平家一門の墓

SIMONOSEKIO, IMPRESO. 平家一門ノ墓 TOMBO AL LORDO NANAMOLI. 赤間宮拝殿の左側、昼尚暗い一隅に十四墓の墳墓あり。是は壇之浦合戦に滅亡せる平氏の重なる人々の遺骸を埋めしもので俗 […]

コメントなし
半田沢の国境標

樺太絵葉書3枚(半田沢の国境標/多来加湖/海豹島の一部) 戦前絵葉書

敷香より北方二十六里 北緯五十度線上にある日露国境標石の一つである 夏は敷香から自動車の便により往復一日で観光することが出来る   周囲二十六里余 富内湖に次ぐ本当第二の淡水湖である 名物の大鮒を産し多来加川にはチカの漁 […]

コメントなし
讃岐仁尾海岸

讃岐仁尾海岸 鉄道旅館高塚/屋島登山記念スタンプ 戦前絵葉書

源平古戦場屋島登山紀念 鉄道旅館?高松市内町 高塚 左下にアルファベットで印刷された文字がありますが判読できません。   なぜ、この海岸の絵葉書が作られたのか不明です。 仁尾海岸ではありませんが、同じ三豊市仁尾町の「父母 […]

コメントなし

鷲羽展望の一角 国立公園下津井の海岸景 戦前絵葉書 遊覧記念スタンプ

一望洋々として。山光水光に接す。青螺飄々、白帆鷗の眠れるが如し、横に披く一幅天然の書画。 国立公園下津井の海岸景。     昭和初期頃ではないかと思われます。 山の木々が少なく、ハゲ山になっています。   [nob]鷲羽 […]

コメントなし
(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印)

(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印) 戦前絵葉書

(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印) FAMOUS PLACE IN OKAYAMA. 小倉鶴山堂発行     岡山県の宇野から静岡県賀茂郡南上村に出された葉書です。日付は読み取れません。 岡山県のサイトにある県庁 […]

コメントなし
(岡山名所)鶴見橋 11.12.5のスタンプ

(岡山名所)鶴見橋 11.12.5のスタンプ 戦前絵葉書

FAMOUS PLACE AND FINE ‘RPSPECT IN OKAYAMA, BIZEN.     岡山市のサイトに説明があります。 鶴見橋 出石町と後楽園を結ぶ橋。かつては後楽園仮橋と呼ばれる板橋であったが、洪 […]

コメントなし
摩耶山嶺より六甲山遠望

摩耶山嶺より六甲山遠望 15.9.10摩耶山参拝記念スタンプ 戦前絵葉書

Souvenir of Mayasan. 15.9.10の日付の入った摩耶山参拝記念スタンプを押してあります。     摩耶山から星掬台の向こうに六甲山を望んだ、北東方向の風景でしょうか。六甲・まや空中散歩のケーブル・ロ […]

コメントなし

Posted by toshi