1.新着戦前絵葉書

2019年3月29日

(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む

戦前絵葉書3枚(青森県三戸)

黄金橋について、三戸町のサイトに次のようにあります。   南部家の家史や「祐清私記」などによれば、今から六百数十年ほど前のこと、宗家南部氏の中興の大業を成し遂げた十三代南部守行の父、遠江守政行(十二代)の時だった。南部政 […]

コメントなし
(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む

戦前絵葉書2枚(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む/鶴岡公園グラウンド

        山形県鶴岡市の鶴ケ岡城址公園(鶴岡公園)の絵葉書です。 大宝館について(到道博物館サイトより) 大寶館 大寶館は、大正天皇の即位を記念して創建され、大正4年(1915)10月に完成、11月10日即位の日に […]

コメントなし
電鉄市営記念 6名の肖像

名古屋市 電鉄市営記念絵葉書2枚

    上段左から 佐藤前市長 川崎市長 大喜多前市長 下段左から 青山前議長 富田社長 竹内議長     Wikipedia「名古屋電気鉄道」より 名古屋電気鉄道株式会社(名古屋電氣銕道株式會社、なごやでんきてつどう) […]

コメントなし
津市贄崎海水浴 津市役所発行

津市贄崎海水浴 津市役所発行

    現在ほとんど使われていないようで、Yahoo知恵袋に質問がありました。 質問 三重県津市の贄崎海水浴場は観光協会の地図ではまだ存在することになっておりますが50年ぶりに戻り転居して8月中毎日泳ぎに行ったら相客に出 […]

コメントなし
(津市)阿漕塚 津市役所発行

(津市)阿漕塚 津市役所発行

  阿漕塚に関する説明が日本伝承大鑑にあります。 【あこぎがづか】現在でも「しつこく金品をむさぼる」という意味で使われる“阿漕”という言葉であるが、その言葉の由来となったのが阿漕塚のある阿漕ヶ浦である。 現在、阿漕ヶ浦の […]

コメントなし
由比ヶ浜

由比ヶ浜 (説明文入り/潮干狩り)

霊仙崎より材木座飯島ニ至る弓形の浜にして治承四年石橋山の役に三浦義澄畠山重忠と此浜辺に戦ふ四条天皇貞永元年北条泰時舟舷着岸ノ煙なからじめんとして功成らず 乾潮の際沖合遥ニ乱岩見ユ 今ハ海水浴場として著名也(読みにくい文字 […]

コメントなし
横浜三渓園桜花

横浜三渓園桜花 戦前絵葉書(アルバム跡あり)

左下に「Cherry Blossoms in Sannotani Park, Yokohama」とあります。     三渓園のサイトがあります。   施設のご案内に次のようにあります。 三溪園は横浜市中区本牧三之谷にあり […]

コメントなし
哈爾浜松花江の風勝(哈爾浜の景勝)

哈爾浜松花江の風勝(哈爾浜の景勝)

    哈爾浜(ハルビン)は中国黒竜江省にある副省級市。黒竜江省の中南部、北流してアムール川に注ぐ松花江の河畔に位置する。黒竜江省人民政府の所在地であり、黒竜江省の政治・経済の中心。2015年時点での市区人口は約590万 […]

コメントなし
(讃岐)源平古戦場屋島登山記念遊覧籠 八島寺スタンプ

(讃岐)源平古戦場屋島登山記念遊覧籠 八島寺スタンプ

八島寺(屋島寺)のスタンプ押されていますが、下の部分の文字は消えかけていて判読できません。   高松岡部製図電話九番   屋島寺へは屋島スカイウェイを通って、自動車でも徒歩でも行くことができます。 屋島は高松市の東、標高 […]

コメントなし
(隠岐)県社 焼火神社

(隠岐)県社 焼火神社 戦前絵葉書

TAKUHI SHRINE ON THE OKI ISLAND 隠岐の両帝御信仰厚く開場の社宝多く所蔵さる     両帝とは、隠岐に島流しになった後鳥羽天皇(1180年8月6日〈治承4年7月14日〉- 1239年3月28 […]

コメントなし
(安房)小湊誕生寺仁王門及鐘楼12

(安房)小湊誕生寺仁王門及鐘楼12

  千葉県鴨川市 大本山小湊誕生寺 公式サイトがあります。 仁王門は、宝永3年(1706)建立。平成3年大改修。公式サイトにある現在の仁王門の写真と絵葉書の仁王門を比べるとずいぶん違って見えますが、絵葉書は裏から撮ったも […]

コメントなし
京都 三尾ノ一 塡尾 TAKAO

京都 三尾ノ一 塡尾 TAKAO 戦前絵葉書

  三尾は、京都北山の高雄(尾)・栂尾・槙尾の三地域を指し、紅葉の名所になっています。   三尾を知らずして京都の秋を語るなかれ。京の秋、定番中の定番、THE定番、ここに降臨   絵葉書には「塡尾」とあるように読めますが […]

コメントなし
(大阪)北浜街に聳え立つ大阪株式取引所

(大阪)北浜街に聳え立つ大阪株式取引所

OSAKA STOCK-EXCHANGE STANDS ON KITAHAMA STREET, OSAKA.     大阪証券取引所ビルについて(Wikipediaより) 平和不動産の所有で、下層階は旧市場館の外観を保存 […]

コメントなし
下総国成田町ひしや旅館庭園

下総国成田町ひしや旅館庭園

  2016年4月の裏庭・成田に記事があります。 ・940年に平将門の乱が平定されたあと新勝寺が創建され、その新勝寺の門前町として、特に江戸中期から栄えてきた。 ・「成田詣で」が宿泊を伴う旅であった頃、成田山周辺の旅館で […]

コメントなし
横浜山手外人墓地 Otmetry at Yokohama

横浜山手外人墓地 Otmetry at Yokohama

  横浜外国人墓地の成り立ちについて、記されたページがありましたので、転載させていただきます。 横浜外国人墓地 略史(「資料館建設計画」及び「横浜外国人墓地について」より抜粋) 「黒船」4隻を従えたペリー提督は1853年 […]

コメントなし
(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石

(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石 宛名面戦意高揚標語入り

HERE THE EMPEROR GEDAIGO RESTED ON HIS WAY TO KYOTO. OKI 木村家邸内にあり天皇の隠岐御脱出船出の跡である。   一家の赤心国家の躍進   【2015年島根】隠岐諸島 […]

コメントなし
下呂小唄 3番歌詞

下呂小唄 3番歌詞

あすはヨー あすは日和が吹雪か雨か見やれ湯ヶ峯 ヨイヤサ うすぐもり     下呂小唄の動画がありました。 歌詞も見つかりました。作歌 平井潮湖 作曲 本間憲一 下呂はヨ 下呂は湯の嶋夫婦のいでゆ鷺と薬師の ヨイヤサ仲の […]

コメントなし
塩釜甚句踊(ハツトセ) 3番

塩釜甚句踊(ハツトセ)2枚 戦前絵葉書 2番と3番

塩釜出る時や 大てんふりよ 奏社の宮から アリヤ 胸勘定 ハツトセ ゝ     サーサ ヤッコラサと のり出すふねは 命帆をかけ アリヤ 浪まくら ハツトセ ゝ     文化の港シオーモに塩釜甚句の歴史や歌詞が掲載されて […]

コメントなし
俳人風律木像(大原新次郎氏蔵)

俳人風律木像(大原新次郎氏蔵)

風律は広島の人 木地屋保兵衛という野坡の門に入り俳諧を善くし■(一字判読不能)西の一人と呼ばる 其居を多賀亭という 天明元年没 八十四歳 墓は広島市猫屋町教伝寺に在り 此像高六寸五分許     Wikipediaより 多 […]

コメントなし
清水名所 久能山東照宮

清水名所 久能山東照宮 宛名面15-9-22付け石橋旅館スタンプ 戦前絵葉書

TOSHOGU SHRINE. MT. KUNO. SHIMIZU. 「別格官幣社東照宮」とあります。 「15-9-22」は手書きのようです。久能山 石橋旅館。   神道便覧に別格官幣社の説明があります。 別格官幣社(べ […]

コメントなし
甲斐御岳新道 昇仙橋

甲斐御岳新道 3枚 長潭/五月雨岩附近/昇仙橋 14.5.3遊覧紀念スタンプ

        甲斐御岳新道は、「新道」とありますが、江戸時代後期に作られた道です。 甲府市のサイトに説明があります。   昇仙峡は荒川上流に位置する、長潭橋(ながとろばし)から仙娥滝(せんがたき)までの約4kmに渡る渓 […]

コメントなし
近江多賀神社 飯盛木(御多賀杓子の神木)

近江多賀大社 飯盛木(御多賀杓子の神木) 宛名面書き込みあり 戦前絵葉書

Taga Shrine Omi 右上は森川許六(彦根藩士 森川百仲/芭蕉の弟子)の句と思われます。   書き込みありますが、投函はされなかったようです。   寿命石と同じシリーズかと思いましたが宛名面のデザインが違います […]

コメントなし
近江多賀神社寿命石

近江多賀神社寿命石 使用済み(1銭5厘切手 消印不鮮明)

  着荷通知が書かれています。消印は不鮮明です。   多賀神社とありますが、滋賀県犬上郡多賀町の多賀大社です。御祭神は伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)。寿命石については次のように紹介 […]

コメントなし
埼玉県 栃本関趾之一部 奥秩父

埼玉県 栃本関趾之一部 奥秩父 戦前絵葉書

    秩父市のサイトに栃本関趾のページがあります。個人所有だそうです。文政6年再建。 所在地:秩父市大滝1623番地ほか所有者:個人  栃本関は中山道(なかせんどう)と甲州街道の間道である秩父往還の通行人を取調べるため […]

コメントなし

下関名勝 先帝祭女郎道中・平家一門の墓

SIMONOSEKIO, IMPRESO. 平家一門ノ墓 TOMBO AL LORDO NANAMOLI. 赤間宮拝殿の左側、昼尚暗い一隅に十四墓の墳墓あり。是は壇之浦合戦に滅亡せる平氏の重なる人々の遺骸を埋めしもので俗 […]

コメントなし
半田沢の国境標

樺太絵葉書3枚(半田沢の国境標/多来加湖/海豹島の一部) 戦前絵葉書

敷香より北方二十六里 北緯五十度線上にある日露国境標石の一つである 夏は敷香から自動車の便により往復一日で観光することが出来る   周囲二十六里余 富内湖に次ぐ本当第二の淡水湖である 名物の大鮒を産し多来加川にはチカの漁 […]

コメントなし
讃岐仁尾海岸

讃岐仁尾海岸 鉄道旅館高塚/屋島登山記念スタンプ 戦前絵葉書

源平古戦場屋島登山紀念 鉄道旅館?高松市内町 高塚 左下にアルファベットで印刷された文字がありますが判読できません。   なぜ、この海岸の絵葉書が作られたのか不明です。 仁尾海岸ではありませんが、同じ三豊市仁尾町の「父母 […]

コメントなし

鷲羽展望の一角 国立公園下津井の海岸景 戦前絵葉書 遊覧記念スタンプ

一望洋々として。山光水光に接す。青螺飄々、白帆鷗の眠れるが如し、横に披く一幅天然の書画。 国立公園下津井の海岸景。     昭和初期頃ではないかと思われます。 山の木々が少なく、ハゲ山になっています。   [nob]鷲羽 […]

コメントなし
(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印)

(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印) 戦前絵葉書

(岡山名所)岡山県庁 使用済み(宇野消印) FAMOUS PLACE IN OKAYAMA. 小倉鶴山堂発行     岡山県の宇野から静岡県賀茂郡南上村に出された葉書です。日付は読み取れません。 岡山県のサイトにある県庁 […]

コメントなし
(岡山名所)鶴見橋 11.12.5のスタンプ

(岡山名所)鶴見橋 11.12.5のスタンプ 戦前絵葉書

FAMOUS PLACE AND FINE ‘RPSPECT IN OKAYAMA, BIZEN.     岡山市のサイトに説明があります。 鶴見橋 出石町と後楽園を結ぶ橋。かつては後楽園仮橋と呼ばれる板橋であったが、洪 […]

コメントなし
摩耶山嶺より六甲山遠望

摩耶山嶺より六甲山遠望 15.9.10摩耶山参拝記念スタンプ 戦前絵葉書

Souvenir of Mayasan. 15.9.10の日付の入った摩耶山参拝記念スタンプを押してあります。     摩耶山から星掬台の向こうに六甲山を望んだ、北東方向の風景でしょうか。六甲・まや空中散歩のケーブル・ロ […]

コメントなし
神戸埠頭を離れ行く汽船 6.6.17神戸名所遊覧記念スタンプ

神戸埠頭を離れ行く汽船 6.6.17神戸名所遊覧記念スタンプ 戦前絵葉書

A STEAMER JUST LAEVING THE PIER AT KOBE.   神戸元町 栄屋発行 もくもくと黒煙を上げる蒸気船が写っています。場所の詳細はわかりません。   [nob]神戸埠頭を離れ行く汽船 6. […]

コメントなし
小倉名勝 紫川勝山閣

小倉名勝 紫川勝山閣 戦前絵葉書

アンティーク絵葉書に見る福岡県の昭和10年代小倉の町並みに、このころの小倉の様子を写した絵葉書が多数紹介されています。この絵葉書と同種と思われる絵葉書もあります。   紫川については北九州市のサイトに記事があります。市内 […]

コメントなし
播州明石(錦江城)全景(明石名所)

播州明石(錦江城)全景(明石名所) 戦前絵葉書

「Castle of Ahaski」とありますが、「Castle of Akashi」の誤植でしょう。   錦江城は明石城の別名。明石市市立錦城中学校のページに錦江城の由来が記されています。 本市のシンボル明石城は、はじ […]

コメントなし
(塩原温泉)万人風呂

(塩原温泉)万人風呂 戦前絵葉書

東京神田豊島町桜井合名会社印刷   がりつうしんに3ページの記事があります。万人風呂は、甘湯温泉を名乗った袖ヶ沢温泉の霞上館にあったようです。 名所「万人風呂」がある旅館の名前が「霞上館」なのだった。「万人風呂 霞上館」 […]

コメントなし
(塩原温泉)白雲洞

(塩原温泉)白雲洞 戦前絵葉書

中央よりも少し上、右寄りに口を開けているのが白雲洞です。 白雲洞と呼ばれる場所は、広島の帝釈峡にもありますが、これは那須塩原温泉の白雲洞です。 さばちさばちに塩原の白雲洞の記事があります。白雲洞がはっきりと写った昭和初期 […]

コメントなし

温海川の清流と桜 羽越線温海温泉 あつみ温泉

大島屋百貨店発行     山形県鶴岡市、羽越本線あつみ温泉駅、日本海東北自動車道あつみ温泉ICがあります。庄内平野から新潟平野に向かう途中にあり、温見川は海へと注いでいます。山形県のサイトに次のようにあります。    開 […]

コメントなし
岐阜城跡 二ノ丸門 戦前絵葉書 18.7.25の観光スタンプ

岐阜城跡 二ノ丸門 戦前絵葉書 18.7.25の観光スタンプ

スタンプの文字は読みづらいですが、18.7.25または13.7.25とあるようです。 立札には「二ノ丸門」とあります。「ニの門」と呼ばれることも多いようです。   岐阜城をゆくによると、1975年(昭和50)に冠木門と白 […]

コメントなし
神戸市御大典奉祝実況(昭和三年十一月)戦前絵葉書 大礼記念切手と消印付き2

神戸市御大典奉祝実況(昭和三年十一月)戦前絵葉書 大礼記念切手と消印付き2枚

電飾の上に戦の様子を描いたと思われる人形が飾られています。 大礼記念の1銭5厘切手に昭和3年11月12日付けの神戸の消印。 通りをまたぐ大きな門が作られていますが、人影はまばらです。 消印当日に発行されたとすると、準備段 […]

コメントなし
岡山医科大学付属医院(岡山名所)

岡山医科大学付属医院(岡山名所)

Wikipediaによると岡山医科大学附属病院は大正11年に名称変更によって誕生しています。絵葉書には「附属医院」とありますが、この附属病院を指すと思われます。 1922年(大正11年)3月31日 – 勅令第 […]

コメントなし
車折神社境内

車折神社境内 京都府 戦前絵葉書

京都嵐山にある車折(くるまざき)神社は、芸能人も多く訪れるパワースポットだそうです。(ルトロンおでかけ動画メディア) 後嵯峨天皇が嵐山に訪れた際、社前で牛車の轅(ながえ)が折れて立ち往生したそう。天皇はその神威を畏れ、門 […]

コメントなし
高松栗林公園・南玄関

高松川六ホテルと香川名所3枚(南玄関と栗林公園/洋間と屋島/大広間と金乃比羅宮) 戦前絵葉書

現在のホテル川六エルステージ   [nob]高松川六ホテルと香川名所(南玄関・栗林公園/ばらの間・屋島/大広間・金刀比羅宮) 戦前絵葉書3枚まとめて

コメントなし
関西二十一番霊場穴太寺側面ヨリ見タル全景 参拝スタンプ

関西二十一番霊場穴太寺側面ヨリ見タル全景 参拝スタンプ

丹波国穴太寺参拝章   京都府亀岡市曽我部町。布団に入った寝仏のお寺『穴太寺』@京都府亀岡市に記事があります。 丹波の国の古刹として知られたお寺ですが、今はかなり規模が小さくなっています。元のご本尊が盗難にあったまま行方 […]

コメントなし
(筑前)都府楼 瓦窯埋没址(政庁址の北約四十間)

(筑前)都府楼 瓦窯埋没址(政庁址の北約四十間)戦前絵葉書

福岡県太宰府市の大宰府史跡に含まれる国分瓦窯跡と思われます。現在は灌漑用水のため池の中に水没しているそうです。   [nob](筑前)都府楼 瓦窯埋没址(政庁址の北約四十間)戦前絵葉書  

コメントなし
(飛騨 下呂湯之島温泉) 湯之島音頭

(飛騨 下呂湯之島温泉) 湯之島音頭

PLACE OF SCENIC GERO YUNOSHIMA. (HOT SPRING HIDA. ONE OF THE THREE NOTED HOT SPRINGS IN JAPAN) 飛騨に名所も数ある中に 此処は […]

コメントなし
博多一楽 客間 吉井勇 短歌入り

博多一楽 客間 絵葉書 吉井勇 短歌入り

なまめきし博多伊達巻する人を歌麿の絵の君とたたずむ 吉井勇 華麗な古典的の装いの中に、南欧の夢を思わせる絢爛な風を配した室内には、聡明にして情熱に燃える艶女が、粉黛をこらして綺羅をかざって待っている。薄桃色の几帳のかげ、 […]

コメントなし
旅順松樹山砲台掩兵部より二龍山砲台を望む

旅順松樹山砲台掩兵部より二龍山砲台を望む 戦前絵葉書

日露戦争史に、第3次旅順総攻撃の戦闘チャートがあります。この絵葉書は、次の戦いの後で撮影されたものと思われます。 203高地占領後、当初の計画どおりにロシア海軍第一太平洋艦隊(旅順艦隊)への砲撃が強化され、戦艦ペレスヴェ […]

コメントなし

東海道池田宿 熊野(ゆや)寺 参拝記念絵はがき 5枚と袋

熊野(ゆや)の像 藤棚 総面積 百坪 最長 五尺 開花 毎年四月中旬ヨリ五月上旬マデ 行興寺(ぎょうこうじ)と熊野の長藤(ゆやのながふじ)というページや、 (1)行興寺 時宗の寺。熊野(ゆや)御前にゆかりの深い寺として有 […]

コメントなし
(出雲)一畑山全景 出雲一畑薬師

(出雲)一畑山全景 出雲一畑薬師10.10.25のスタンプ 戦前絵葉書

ニッポン旅マガジンに記事があります。 島根半島の中心部、標高300mの一畑山の山上に建つ名刹、総本山一畑寺(いちばたじ)。一般的には一畑薬師(いちばたやくし)の名で、「目のお薬師様」として知られています。894(寛平6) […]

コメントなし
安蘇共進会演芸館(其五) 佐野検番芸妓(釣女)

安蘇共進会演芸館(其五) 佐野検番芸妓(釣女) 戦前絵葉書

「安蘇」はかつて栃木県から群馬県にかけて存在していた「安蘇(あそ)郡」のあたりを指しているようです。現在の佐野市、日光市、桐生市に該当しますが、この絵葉書でいう「安蘇」がどこまで含めるのかはわかりません。 「検番」は「そ […]

コメントなし

Posted by toshi