ブログ

当時は使われていなかった「鎖国」や「士農工商」という言葉を作ったり、

「戦争責任」を追及して

自虐的な歴史を教え込む人々は、

事実とは相いれない一方で

想像力に富み、

感情を ...

ブログ

私の家の前の道をたくさんの自動車が走る。

いったいどのくらいの車が、本当に必要な活動のために走っているのだろう。

 

もちろん、たくさんの人が勤務先に向かうために、道路も電車もいっぱいだ。

郷土文化(名古屋郷土文化会)

■目次明治初年の戸籍簿研究の提唱…………..新見吉治(1)
鈴門遊学前後の服部菅雄……………R