郷土文化 第56巻第1号(尾張藩白漉入り藩札/近世濃尾地方の都市住民など)

郷土文化 第56巻第1号
郷土文化 第56巻第1号
 
目次
北外山城について.................................高田徹(1)
ざら峠越え.......................................滝喜義(9)
近世初頭における瓜贈答覚書.......................半田実(13)
「七里の渡し」渡海記.............................野田千平(22)
吉見幸和の和歌...................................簗瀬一雄(31)
近世濃尾地方の都市住民...........................早川秋子(36)
―家並帳からみた不動産所有者について―
尾張藩白漉入り藩札...............................河野徳吉(46)
―世界で最初の透し入紙幣―
甲戌戸籍調について...............................中村保夫(64)
古代・中世の東海道 東三河編.....................尾藤卓男(78)
尾北の隠士吉田氏に文化の継承をみる...............清水勝一(90)
第14回研究会発表要旨.............................秦達之(105)
戊辰戦争と尾張藩草奔隊
―尾張藩下の庶民は戊辰戦争でどのように戦ったか―
第15回研究会発表要旨.............................鵜飼尚代(107)
江戸初期期の尾張の学問について
―元禄・宝永期の闇斎学を中心として―
平成13年度理事会報告............................事務局(122)

平成13年発行 122ページ
■販売
LC56-1