戦前絵葉書

 

飛騨川河川敷の源泉の一つと思われます。

 

医王山温泉寺と思われます。

千羽が滝は、岐阜県下呂市にある滝谷に懸かる落差14mの滝である。(滝ペディアより)

郷土文化(名古屋郷土文化会)

目次

高橋益菴について…………………………….高橋潤ニ(1)
水野三四郎

書評


価値のないもの(安価な金属や印刷した紙)に価値を持たせ(信用創造)、(禁じられてきた)利子をとり、ハイパーインフレによって矛盾を解消する。マネー・システムが経済を巨大化し、地球を壊す。難しい話題で

戦前絵葉書

 

じゃらんサイトに、次のように説明されています。

1936年(昭和11年)、富士山を間近に仰ぐ河口湖畔に富士ビューホテルは創設されました。
河口湖畔の勝山村(当時)には、煙草包

戦前絵葉書

 

現在の万国橋は1940年(昭和15年)に完成した二代目の地味なアーチ橋です。この絵葉書にあるのは、1904年(明治37年)に税関埠頭(現在の新港埠頭)と関内を結ぶために架設されたアーチ型鋼橋(ト

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

目次

石田元季翁………………………………….岡田 稔(1)

戦前絵葉書

 

鎌倉市坂之下にあります。近くに星の井通りという信号もあり、Googleストリートビューで見ることもできます。詳しい説明と2011年に撮影された写真が、 鎌倉史跡・寺社データベース 星月井にありま

書評

昭和14年に秋田の山村で生まれた著者は、どのような少年時代を過ごしたのだろうか

→目次など

 

『釣りキチ三平』でおなじみの矢口高雄さんの著書で

書評


人類学者が平等性を考えるとき、金持ちに対する陰口や噂は、金持ちの身勝手な行動を抑制するための重要な要素となるのだ。

→目次など

 

平等ということについて考えるとき、私

戦前絵葉書





かつての愛知県知多郡大野町、現在の常滑市北部の絵葉書ですが、現東海市の新舞子海岸が含まれているため、大野町に限定されていないようです。本来何枚組なのかは不明です

書評


アフリカの歴史を見ると日本の歴史が見えてくる

この本は、アフリカの長い歴史を知りたいと借りた本でしたが、奴隷貿易が始まった頃以降についてのみ扱われていたため、5分の1程読んで終えてしまいました

書評


毒にもなるが価値観の相対化のためにぜひ読みたい本 

太田龍氏は、本書の裏表紙に掲載された著者近影による限り、もうずいぶん前に亡くなった私の祖父に似た雰囲気があり、私は個人的に親近感を寄せていま

書評


日本の文化財を支え、大豆よりも優れた食品でもあり、燃料や建築材としても利用でき、ケシとはまったく違う大切な植物大麻

→目次など

大麻は危険ではないという話を聞いて、何冊か本を読んで

書評


最後の三人となった純粋なジャガネス(ヤーガン族)の姿などを収録した、写真主体のパタゴニア探検記

→目次など

戦前絵葉書

 

木曽八景についてまとめられたページがありました。

木曽八景 は、寛保3年(1743)頃、徳川八代将軍吉宗の時代、 近江八景(注)になぞらえて選ばれた木曽路の景勝です。八景のうち、「棧

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

目次

鄕土二千六百九年表…………………………..尾崎久彌 一
慶長以後尾三金石年表(二)&# ...

戦前絵葉書

 


第十二回二科美術展覧会出品作品の絵葉書2枚です。ヤマサ醤油が京阪神地区での売り上げを拡大する目的で配布した絵葉書のようです。

一升瓶1本で石鹸1個、九升樽1樽で一

戦前絵葉書

 

全島
宮崎県宮崎郡青島村にあり、宮崎市の南方四里満潮には島となり、干期時には半島になります。面積四町余、周囲十四丁、全島青島神社の境内でビラウ其他熱帯性植物繁茂しています。

ひぎり(とうぎり)馬鞭草 ...

書評

戦争に向かおうとする時代に読む

気になる動きが続いています。
・ムサシという会社を特定して、その実施が疑われている選挙不正。メディアは開票機による不正ではなく、