郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次
尾張藩寺社領における租税徴収(一)...............原ロ典子(1)
尾張藩における刑罰について(ニ).................小川祐佳里(19)
駕籠の時代............... ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次
理事水野録治郎さん逝く・・・・・・・・・吉川芳秋(1)
堀川柳人生 安藤次郎氏の三十七回忌・・・吉川芳秋(5)
千竈郷の位置について・・・・・・・・・・三渡俊一郎(7)
明治維新名古屋藩秘話 ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次

永禄三年織田信長抜犬山城・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・勝村公(1)
鵜沼城戦国史・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・瀧喜義(7)
日本 ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次成海郷戸頭荒田井直族益麻呂とその一族…………..池田陸介(1)
霊鷲院蔵の正法眼蔵の写本………………&# ...

ブログ

本日もお付き合いいただきありがとうございます。いつもながら唐突に本題に入らせていただきます。

私は数年前、人の本来の生き方を知ることをテーマに本を選び読書を続けていました。

動物たちの生き方についての本や、心や体の仕組みにつ ...

ブログ

備忘録というか、誰かの役に立つかもしれないので、私の経験した現象を記しておきます。

症状は、Micosoft Edgeから印刷しようとすると、プレビューが終わらず、プリンターに印刷できないというものです。Microsoft ...

書評

種から育てた鉢植えのタンポポをうさぎくんからもらったライオンはかせ。いいことを思いつきますがとんでもない結果に。

小さい子ども向けの絵本ですが、遺伝子組み換えによる植物の作り替えに対して、「それはいいことではないよね」という理由がなんと ...

書評

 

 

今回のパンデミックはPCR検査が作り出している本を一通り読み終え、最初に戻って、扉の次に記された2行を読む

中国武漢から世界に広がったのは、ウイルスではなく、
PCRコロナ検査キットである ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次松平君山の『孝経直解』について……….藤川正数(1)
喧嘩両成敗についての一考察…………..横地ますみ(8)
一尾張藩刑法研究序説一 ...

ブログ

2021年3月20日、お彼岸、海を見に行きました。

堤防から海辺まで200メートルほども幅のある砂浜が数キロにわたって続き、海に向かって立つと目の前全体に水平線が広がっていました。

波打ち際に寝転んで目を閉じれ ...

ブログ

自由のない世界言葉とその生産物である社会制度によって縛られた世界新型コロナを理由に行動が制限される世界。

これは、世界情勢を理由に、人々に戦争への協力を求めた歴史の繰り返しだ。

かつての戦争においても、大切なのは事実ではなく、人々 ...

ブログ

precious.jp

 

カネを作るのは言葉である。

言葉が技術を生み、技術が社会を発展させ、儀礼や制度を発展させていく。やがて言葉は、本来価値のない「印刷された紙」や「通帳に印字された数字」「画 ...

書評

哲学者が生物の研究を通じて心を探究したこの本は、見逃していた不思議に目を向けさせ、生物である自分を再確認させてくれる

この本はある意味、脳の発達に的を絞った『新・人体の矛盾』であると言えます。哲学者としての視点から生物の進化を踏まえなが ...

ブログ, 未分類

先日、Windows 10 PCの画面の左上に音量コントロールのオーバーレイが自動的に表示されて消えなくなりました。表示された音量コントロールは勝手に最小音量まで調整されるため、音が出なくなってしまいました。

ネット上にあ ...

ブログ

大学生男子ユーチューバーのパーカー氏は、整ったおとなしそうな顔に似合わない皮肉の聞いた発言も含め、女性からの人気を集めているようだ。そんな彼がどの動画であったか、ユーチューブでお勧めに表示される動画が偏りすぎている点を「アルゴリズムの ...

ブログ

時間に余裕のない現代人のために最初に結論を記します。

たった一つのこと、それは、文明社会を作り上げているのは、富の収奪を目指したわずかな人びとの悪知恵だということです。
********
マスコミは、ことあ ...

ブログ

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

早速本題に入ります。

魏志倭人伝は草書体で書かれていたと主張されている方がいます。

邪馬台国は女王麻氐良国の都だった

時期的なことのほかに ...

書評

日本語は遥か南の海のかなたから弥生文化とともに運ばれてきたとする、日本語タミル語同系論を検証する

1989年に開催された、言語学者大野晋氏の主張する南インドのドラヴィダ系言語であるタミル語と日本語が同系であるとする主張を巡るシンポジウム ...

ブログ

こんにちは、本日もお付き合いいただきありがとうございます。

先日、京都に行ってきました。

日本の古い歴史とつながる上賀茂神社を訪れ、左右非対称になった檜皮葺の屋根をみたり、境内を流れる美しい川の水に触れたりしな ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次博通の郷土史家山田幸太郎さん…………………………..吉川芳秋(1)
造像銘記尾三編(3)…& ...