戦前絵葉書

 三尾は、京都北山の高雄(尾)・栂尾・槙尾の三地域を指し、紅葉の名所になっています。 三尾を知らずして京都の秋を語るなかれ。京の秋、定番中の定番、THE定番、ここに降臨 絵葉書には「塡尾」とあるように読めますが、「槇

戦前絵葉書

OSAKA STOCK-EXCHANGE STANDS ON KITAHAMA STREET, OSAKA.  大阪証券取引所ビルについて(Wikipediaより)平和不動産の所有で、下層階は旧市場館の外観を保存した

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次二葉亭四迷をめぐる女
―若き日の物集和子と藤浪家の人びと一…………..水谷盛光(1)
尾張藩戸籍制度研究序説(1)……&

戦前絵葉書

 2016年4月の裏庭・成田に記事があります。・940年に平将門の乱が平定されたあと新勝寺が創建され、その新勝寺の門前町として、特に江戸中期から栄えてきた。・「成田詣で」が宿泊を伴う旅であった頃、成田山周辺の旅館では

戦前絵葉書

 横浜外国人墓地の成り立ちについて、記されたページがありましたので、転載させていただきます。横浜外国人墓地 略史(「資料館建設計画」及び「横浜外国人墓地について」より抜粋)

「黒船」4隻を従えたペリー提督は185

戦前絵葉書

HERE THE EMPEROR GEDAIGO RESTED ON HIS WAY TO KYOTO. OKI木村家邸内にあり天皇の隠岐御脱出船出の跡である。 一家の赤心国家の躍進 【2015年島根】隠岐諸島西ノ島

戦前絵葉書

あすはヨー あすは日和が吹雪か雨か
見やれ湯ヶ峯 ヨイヤサ うすぐもり  下呂小唄の動画がありました。歌詞も見つかりました。作歌 平井潮湖 作曲 本間憲一

下呂はヨ 下呂は湯の嶋夫婦のいでゆ
鷺と

戦前絵葉書

塩釜出る時や 大てんふりよ奏社の宮から アリヤ 胸勘定 ハツトセ ゝ  サーサ ヤッコラサと のり出すふねは命帆をかけ アリヤ 浪まくら ハツトセ ゝ  文化の港シオーモに塩釜甚句の歴史や歌詞が掲載されています。以下

戦前絵葉書

風律は広島の人 木地屋保兵衛という野坡の門に入り俳諧を善くし■(一字判読不能)西の一人と呼ばる 其居を多賀亭という 天明元年没 八十四歳 墓は広島市猫屋町教伝寺に在り 此像高六寸五分許  Wikipediaより多賀庵

戦前絵葉書

TOSHOGU SHRINE. MT. KUNO. SHIMIZU.「別格官幣社東照宮」とあります。「15-9-22」は手書きのようです。久能山 石橋旅館。 神道便覧に別格官幣社の説明があります。別格官幣社(べっかく

戦前絵葉書

    甲斐御岳新道は、「新道」とありますが、江戸時代後期に作られた道です。甲府市のサイトに説明があります。 昇仙峡は荒川上流に位置する、長潭橋(ながとろばし)から仙娥滝(せんがたき)までの約4kmに渡る渓谷です。も

戦前絵葉書

Taga Shrine Omi右上は森川許六(彦根藩士 森川百仲/芭蕉の弟子)の句と思われます。 書き込みありますが、投函はされなかったようです。 寿命石と同じシリーズかと思いましたが宛名面のデザインが違います。神社

戦前絵葉書

 着荷通知が書かれています。消印は不鮮明です。 多賀神社とありますが、滋賀県犬上郡多賀町の多賀大社です。御祭神は伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)。寿命石については次のように紹介さ

戦前絵葉書

  秩父市のサイトに栃本関趾のページがあります。個人所有だそうです。文政6年再建。

所在地:秩父市大滝1623番地ほか
所有者:個人

 栃本関は中山道(なかせんどう)と甲州街道の間道である秩父

戦前絵葉書

SIMONOSEKIO, IMPRESO.平家一門ノ墓 TOMBO AL LORDO NANAMOLI.赤間宮拝殿の左側、昼尚暗い一隅に十四墓の墳墓あり。是は壇之浦合戦に滅亡せる平氏の重なる人々の遺骸を埋めしもので俗

ブログ

山にニホンカモシカがいました。私の接近に気付いて飛び起きたカモシカはしかしそれほど逃げもせず、笹の上に顔を出してこちらを伺っていました。そのまま私が進んでもカモシカは動かなかったため、15メートルほどの距離にまで近づくことができました。警戒 ...

戦前絵葉書

敷香より北方二十六里 北緯五十度線上にある日露国境標石の一つである 夏は敷香から自動車の便により往復一日で観光することが出来る 周囲二十六里余 富内湖に次ぐ本当第二の淡水湖である 名物の大鮒を産し多来加川にはチカの漁

戦前絵葉書

源平古戦場屋島登山紀念鉄道旅館?高松市内町 高塚左下にアルファベットで印刷された文字がありますが判読できません。 なぜ、この海岸の絵葉書が作られたのか不明です。仁尾海岸ではありませんが、同じ三豊市仁尾町の「父母ヶ浜海

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 ■目次尾張徳川家十九代の殿様・徳川義親さん…………..吉川芳秋(1)
如来きの覚書一隠れ農民宗教の起源について一2…….水谷盛光(6)