水の上の生活 東京 昭和7年頃 主婦の友附録― 2018-07-10-1

水の上の生活
水の上の生活
宛名面
宛名面

水の上の生活 陸地に一定の住家を持たず、一艘の小船を我が家として、浮草のような日々を送っている水上生活者は、東京だけで一万二三千戸、人口にして三万六七千人というのですから、正に地方の小都市に匹敵します。これらの人々の生活は、京橋区明石町河岸にある水上警察署が、その保護と取締の任に当たっています。
(主婦の友附録 昭和七年九月一日発行)