航空灯台と富士 十国峠 静岡県 熱海名所 ― 2018-07-09-5

航空灯台と富士
航空灯台と富士

手頃なハイキングコースである十国峠の
頂きには、写真のような航空灯台が出来て
から一景観を副えた。ここよりの富嶽の遠
望にも亦深い興趣がある。

宛名面
宛名面


十国峠山頂のご案内には次のように書かれています。

航空灯台記念碑移設の由来

この記念碑は、小堀春樹氏が電気事業界および有志に呼びかけて航空灯台献納会を創設し、その浄財によってここ十国峠ほか8箇所に航空灯台を建設して政府に献納。十国峠には1932年(昭和7年)11月28日に完成と記録されています。夜間航空の安全を企図した功績を記念して1939年(昭和14年)11月、峠の中腹に記念碑が建立されました。
故人30周年忌にあたる1968年(昭和43年)3月に、近親者によって元灯台の建設地であったこの地点に移設されました。灯台は政府によって終戦直後に鉄塔・その他一式が現在の伊豆市達磨山山頂に移設され、1946年(昭和21年)5月より近年にいたるまでその使命を果たし、絶えず光芒を放って空の守りに仕していたことを付記しています。

昭和7年に完成し、昭和43年にはなくなっていたようです。