阿蘇地方の方言 肥後ことば 昭和レトロ絵葉書8枚 封筒付き 熊本県 ― 2018-07-07-2

登山バス/雲海
登山バス/雲海

登山バス
おどん達が こまか時とにあとんと
変ってしもうた がまだして登らん でん とっぺんまで バスの行く

雲海
朝霧の阿蘇山は丁度海んなかん
離れ島んごたったい ほんに眺めのよ
かなあ

前草千里/火口/阿蘇神社
前草千里/火口/阿蘇神社

前草千里
「牛てろ馬てろは夜さもこぎ
やんして居つとだろか」
「せからしゆうなしよかて言ひ
よる ちつとん世話はいらんとばい」

火口
「地だの揺するごたる 途方むにや
あとこるばい こるが世界一だろか」
「世界一あ昔の火口たい 登るがけ
グリット塀のごたる山の見えとったろが」

阿蘇神社
坊中から一里どま あつたごたるばってん
やっぱ熊本に一つよの肥後一の宮たい
だつでんお詣りにや来とるばい
(坊中:ブリタニカ国際大百科事典より)

熊本県北東部,阿蘇山の火口原北部,阿蘇谷にある阿蘇市の地区。阿蘇登山の玄関口で,JR豊肥本線阿蘇駅 (旧坊中駅) がある。地名はかつて阿蘇山頂にあった西巌殿寺 (1871登山口付近に移転) の坊舎 36坊にちなむ。

噴煙/火口/放牧
噴煙/火口/放牧

噴煙
此の穴の中にあなんば燃やしとっと
だろうか いさぎゆう烟むかばい

火口
どうか草も木も一本もなかたい
地獄たあこぎゃんとこるだろう
なあ

放牧
あばかん居るぞ むぞらしいもんたい
なんか なんぎやって見い 寄ってど
まこんか

宛名面と袋
宛名面と封筒

袋のそでには、「世界第一 大阿蘇火山略図」(外輪山を全体を収めた地図)が記載されています。