戦前絵葉書2枚(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む/鶴岡公園グラウンド

(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む
(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む
 
宛名面
宛名面
 
(羽前)鶴岡公園グラウンド
(羽前)鶴岡公園グラウンド
 
宛名面
宛名面
 
山形県鶴岡市の鶴ケ岡城址公園(鶴岡公園)の絵葉書です。
大宝館について(到道博物館サイトより
大寶館
 大寶館は、大正天皇の即位を記念して創建され、大正4年(1915)10月に完成、11月10日即位の日に開館した。
 大寶館は、大正初期の洋風建築で、赤い尖塔と白亜の殿堂として大正建築の優美さが、内部を含めて原形をとどめている。
 開館当時から戦前にかけては、主として物産陳列場として使われたが、昭和26年(1951)から昭和60年(1985)までは、市立図書館として地域の多くの人々に親しまれてきた。
 図書館の新築移転に伴い、全面的な保存修理を行った後、昭和63年(1988)4月から、郷土の先人・先覚といわれる人々の業績を紹介する鶴岡ゆかりの人物資料展示施設として一般公開している。
 昭和56年(1981)に市の有形文化財に指定された。
 
在庫の有無については、日本の古本屋にて次を検索ください:戦前絵葉書2枚(羽前)鶴岡公園内壕より大宝館を望む/鶴岡公園グラウンド