名古屋市 電鉄市営記念絵葉書2枚

電鉄市営記念 熱田神宮/栄町/名古屋金鯱城
電鉄市営記念 熱田神宮/栄町/名古屋金鯱城
 
宛名面
宛名面
 
電鉄市営記念 6名の肖像
電鉄市営記念 6名の肖像
上段左から 佐藤前市長 川崎市長 大喜多前市長
下段左から 青山前議長 富田社長 竹内議長
 
宛名面
宛名面
 
Wikipedia「名古屋電気鉄道」より

名古屋電気鉄道株式会社(名古屋電氣銕道株式會社、なごやでんきてつどう)は、かつて愛知県の名古屋市を中心に鉄道事業を展開していた企業。愛知県を基盤とする大手私鉄の名古屋鉄道株式会社や、名古屋市営地下鉄などを運営する名古屋市交通局の前身企業である。通称は「名電」や「名古屋電鉄」。

名古屋電気鉄道は1894年(明治27年)に設立され、1898年(明治31年)に日本国内2番目の電気鉄道(路面電車)を名古屋市内に開通させた。以降、名古屋市内のみならず市の郊外へも路線を拡大し、愛知県西部に路線網を築き上げた。大正時代になって市内線(路面電車線)市営化の機運が高まり、市内線の市営化が実行されることになったため、名古屋電気鉄道は1921年(大正10年)に郊外路線を名古屋鉄道(初代・後の名岐鉄道、名古屋鉄道の前身)へ譲渡、翌1922年(大正11年)に市内線を名古屋市電気局(名古屋市交通局の前身)へ譲渡し、解散した

この絵葉書は大正11年の市営化を記念して発行されたものと思われます。当時は「名古屋市電気局」という名称で、昭和20年に名古屋市交通局に改組。
 
名鉄が名古屋市内の路線を整備できないのは、名古屋市が市内のことは交通局が担当するとして許可を出さないためであると聞いたことがありますが、こういった歴史が背景にあるのかもしれません。
 
■在庫の有無については、日本の古本屋にて次を検索ください:名古屋市 電鉄市営記念絵葉書2枚