下総国成田町ひしや旅館庭園

下総国成田町ひしや旅館庭園
下総国成田町ひしや旅館庭園
宛名面
宛名面
 
2016年4月の裏庭・成田に記事があります。
・940年に平将門の乱が平定されたあと新勝寺が創建され、その新勝寺の門前町として、特に江戸中期から栄えてきた。
・「成田詣で」が宿泊を伴う旅であった頃、成田山周辺の旅館では宿泊客を疲労回復の効果がある、うなぎ料理でもてなしていた名残で、今もうなぎ料理の店が多い。
・いま、参道の旅館としては、旅館梅屋、大黒屋旅館、国の有形文化財で木造三階建ての大野屋旅館、ひしや旅館、若松本店などがある。
 
在庫の有無については、日本の古本屋にて次を検索ください:下総国成田町ひしや旅館庭園