(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石 宛名面戦意高揚標語入り

(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石
(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石
HERE THE EMPEROR GEDAIGO RESTED ON HIS WAY TO KYOTO. OKI
木村家邸内にあり天皇の隠岐御脱出船出の跡である。
 
宛名面
宛名面
一家の赤心国家の躍進
 
【2015年島根】隠岐諸島西ノ島編に、この岩の現在の様子と思われる写真が掲載されています。
 
戦国武将列伝Ω1100記事には、後醍醐天皇に関する記事があります。私は日本史にうといので、この記事がどのくらい正確なのかはわかりませんが、大筋を理解するのに役立ちました。
 
在庫の有無については、日本の古本屋にて次を検索ください:(隠岐)後醍醐天皇御腰掛石 宛名面戦意高揚標語入り