郷土文化 第26巻第1号(通巻100号記念記事 杉戸清・井上愛一・阪谷俊作各氏他/「郷土文化会」略年表など)

郷土文化 第26巻第1号
郷土文化 第26巻第1号
 
■目次
100号記念を祝して……………………………杉戸 清 1
あいさつ……………………………………井上愛一 2
「郷土文化」100号の発刊を祝す…………………阪谷俊作 3
びっくりした話………………………………徳川義親 4
あの頃……………………………………..浅井竹五郎 5
百号に際して思うこと…………………………勒使逸雄 6
前会長山嵜さんに無理をいったこと………………渡辺政雄 7
会長代行の記………………………………..奥村和之 8
見学会の思い出………………………………田中鏡一 10
奉仕と奉公………………………………….新見吉治 12
民俗としての郷土芸能…………………………坪井忠彦 16
絞の由来……………………………………鈴村秋一 22
松平氏と法蔵寺小考…………………………..水野録治郎 23
名古屋の考古資料の刊行……………………….服部鉦太郎 26
河村一族の集書について……………………….舟橋寛治 27
酒落本書誌の研究…………………………….尾崎久弥 28
暁台とニ条家俳諧…………………………….安藤直太朗 33
若き日名古屋時代の後藤新平……………………吉川芳秋 39
三輪経年翁遺愛元贇宣長の書状………………….吉田富夫 44
要斉の葎の滴と諸家雑談……………………….市橋鐸 50
犬山城天守の造営年次について………………….城戸久 55
三尊仏……………………………………..佐々木隆美 60
「郷土文化会」略年表…………………………………..66
雑報(理事会報告、その他) 93
 
昭和46年発行 100ページ
 
■内容について
100号記念の祝辞などが収録され、他の記事は5ページほどの短いものとなっています。
 
「「郷土文化会」略年表」は、横向き印刷に変えたレイアウトに表を作り、「会のうごき」「会誌」「見学研究会」「手紙の会」「その他」の項目別に、昭和20年から昭和46年の本誌発行までの概略が記されています。
 
「三輪経年翁遺愛元贇宣長の書状」は、45ページに2点の書状の写真が掲載されています。
 
「犬山城天守の造営年次について」は、犬山城の天守修復工事にあたって、犬山城は可児市兼山の金山城を移築したものであるかどうか、造営されたのはいつかを検討してあります。
 
■販売
ヤフオクで販売中: 商品名:LC26-1