戦前絵葉書

 

この絵葉書に描かれている攻撃機は、1 海軍攻撃機の思想と誕生、中でも「3 日本海軍雷撃機のルーツ」で説明されている雷撃機に該当するようです。

日本は、大正十年(一九二一年)海軍臨時技

戦前絵葉書

機雷を小銃で撃って爆発させるという荒っぽい手法です。これについて調べていたところ、関係は薄いですが、名立機雷爆発事件を知りました。64人もの死者を出したとあり機雷の破壊力の大きさがわかります。

戦前絵葉書

戦前と思われる絵葉書です。

神社と古事記によると、射山神社(いやまじんじゃ)は、三重県津市榊原町にある神社。御朱印の有無は不明。『延喜式神名帳』にある「射山神社(伊勢国・壱志郡)」に比定さ

戦前絵葉書

飛行機は、日本海軍 九○式艦上戦闘機でしょうか。

コード:HY19/04/13-1

戦前絵葉書

戦前と思われる絵葉書です。

煙突に「帝蚕」と書かれているように見えます。「帝蚕倉庫」や「帝国蚕糸」で画像を検索してみましたが、この絵葉書とは違うようです。建物は、鉄筋コンクリート造りの蚕糸

戦前絵葉書

阿保町(あおちょう)は、三重県名賀郡にあった町です。現在の伊賀市の一部。

戦前絵葉書

少年と犬に目が行きましたが、タイトルは、少年が足を浸している小川のほうになっています。この絵葉書に関する情報はまったく見つけられませんでした。

販売

HY19/04/10-1

戦前絵葉書

Wikipedia によると農工銀行は日本全国各地に戦前に存在した特殊銀行の一つで各県に一つづつ存在し、勧業銀行の子会社的存在でした。滋賀県農工銀行は、1938年(昭和13年)勧銀に吸収されました。

戦前絵葉書

エンボス加工されています。

Donadini jr Dresden の署名があります。作家の経歴は不明ですが、ポストカードが多く発行されているようです。

この絵葉書と同じ作品は

戦前絵葉書

調べてみたところ、Walter Hunt (British, 1861-1941) の The Dog in the Manger を絵葉書にしたものでした。同じような構図の作品で別に Asleep

戦前絵葉書

(中央上部にキズ)

ジェイ・ヰー・ミレースとあるのは19世紀のイギリスの画家でラファエル前派の一員に数えられるSir John Everett Millais(ジョン・エヴァレット・ミレー/ミレイ)

戦前絵葉書

清洲橋は隅田川にかかる橋で、永代橋と対になる橋として、関東大震災後の復興の象徴として昭和3年に竣工しました。東京ブリッジコレクションに記事があります。

この永代橋と同じ頃に架けられたのが、

戦前絵葉書

エンボス加工が施されています。

関口俊雄氏の経歴は不明ですが、特に昆虫の写実的な絵を得意とされていた方のようです。『原色世界の甲虫』、『日本の米』などの本に名前が記されています。

戦前絵葉書

ラファエル前派周辺の画家 ジョン・メリッシュ・ストラドウィックに、この絵葉書の原画の写真が掲載されています。海外サイトでは、 があります。

販売

HY19/04/04-1

 

戦前絵葉書

「エル・シュミット」とありますが、該当する実在した画家を突き止めることはできませんでした。ドイツの姓で、Schmidt、Schmitt、Schmidなどとつづるようです。SchmidtまたはSchmi

戦前絵葉書

(折れあります)

リヒアルト・フリーゼについて(Wikipediaより)

Richard Friese (15 December 1854 – 29 June 1918) was a G

戦前絵葉書

大社教とは(コトバンクより)

出雲大社を基盤とする教派神道の一派。立教者千家尊福(たかとみ)(1845‐1918)は,神道教化の徹底をはかるため,1873年出雲大社敬神講を結集し,敬神講を