戦前絵葉書

右下に演題らしく「高慶奎の定軍山」と書かれています。昭和8年の年賀状として書かれたものの差し出されなかった葉書のようです。 「三慶園」は北京市・西城区の大栅欄エリアに位置し、北京の伝統文化と昔の雰囲気が体験できる「戯

戦前絵葉書

左上:英国の募兵ポスター「誰か此中にゐない?君ですか」右上:アントワープ避難民最後の救助船(フランク、ブランギン氏画)(此画を買って其金を白耳義(ベルギー)の赤十字資金に寄付するというポスター)左下:露国の五分五厘利

戦前絵葉書

広島県安芸太田町の三段峡です。絵葉書の中央左やや下にある建物は、黒淵荘と思われます。 名勝三段峡 黒淵 絵葉書

戦前絵葉書

海女 ゴーグル 着衣荷物の受け取り連絡のようです。三河碧海郡依佐見村宛て消印は薄く読めません。 志摩風俗 あわび取り 戦前絵葉書 使用済み

戦前絵葉書

平和記念東京博覧会会場配置図平和記念東京博覧会協賛会発行 平和記念東京博覧会は、第一次世界大戦の終結を受けて大正11年(1922)に東京上野で開催されました。平和紀念東京博覧会へ行ってみたという記事に写真が掲載されて

戦前絵葉書

Nippon’s Kurokawa Rotary No 17 Flowing. 東京田光印行 みちのく悠々漂雲の記に、黒川油田に関する記事があります。現在でも月産50キロリットルほどの採油が続けられている

戦前絵葉書

 柏崎市図書館に「(新潟市)室長旅館の前面(長電話六十三番)」という絵葉書が所蔵されており、長い塀を持つ旅行であることがわかります。1984年3月9日には第9期棋王戦の会場にもなっています。 新潟市室長旅舘

戦前絵葉書

絵葉書に記された情報から推測すると、兵庫県宝塚市中山寺でしょうか。 豊太閤御奉納之塔 秀頼公御奉納之鰐口 

戦前絵葉書

THE MIKURA GROTTO, THE SACRED REMAINS AT MUROTO PROMONTORY, TOSA.右下に「エビセン」と読み取れます。スタンプは印刷かどうか判別できません。当時19歳だっ

戦前絵葉書

東京高輪泉岳寺にあり、義士の墓守をしていた堀部妙海法尼が揺泉院から賜った鉢植えの梅を移植したものと伝えられています。泉岳寺の妙海尼の墓によれば、妙海尼は堀部弥兵衛の娘、つまりは堀部安兵衛の妻を名乗り、泉岳寺の近くに庵

戦前絵葉書

「紀州御殿」は通称で、正式名称は「天臨閣」。「御座所」(ござしょ)は行宮(あんぐう(かりみや))のこと。皇帝もしくは天皇の、行幸時あるいは、政変などの理由で御所を失陥しているなどといった場合、一時的な宮殿として建設あ

戦前絵葉書

 五龍背温泉など、満州三大温泉と呼ばれた温泉地について、まとめた、実際に現地を訪問した方のページがあります。明治の文豪も訪ねた満洲三大温泉はいま(2015年 01月 01日)。 満鉄直営五龍背温泉五龍閣 風景画絵葉書

戦前絵葉書

右は3葉の写真が掲載されている絵葉書です。上)露軍砲兵隊中)大本営に於ける露帝下)露国歩兵隊上:露仏国境に猛烈なる砲戦をなしたる仏国砲兵陣地中:墺国レンベルク附近に於ける露墺大戦の墺軍死者の惨状下:英仏白聯合軍の前進

戦前絵葉書

徳島県祖谷渓大倉旭進舘発行 徳島県三好市の諏訪神社の鎮座する公園。諏訪神社は、信濃の守護、小笠原長清が承久3年(1221)阿波の守護に任ぜられ、池田大西城を築き阿波一国統治していたときに、遠く故郷をしのび寂しさを慰め

戦前絵葉書

いずれも通信面に「5.11.3」の明治神宮参拝記念スタンプが押されています。鎮座十年記念祭とあることから、明治神宮鎮座の大正9年から10年後の昭和5年であることがわかります。

聖徳記念絵画館

戦前絵葉書

主婦の友附録 昭和7年9月1日発行森永ドライミルクは新鮮な純良牛乳を原料とし、低温真空乾燥法により、生乳そのままの栄養素を保って、製造致します。赤ちゃんを元気に健やかに育てるために、どうぞ母乳と共にご愛用下さい。今日

戦前絵葉書

羅陵王/納曾利/還城樂/菊蒔絵手箱/金銅兵庫太刀羅陵王とあるのは木造舞楽面 蘭陵王のことのようです。納曽利と蘭陵王については、熱田の杜に次のようにあります。落 蹲
     「蘭陵王」の答舞の「納曽利」(二人

戦前絵葉書

N.Y.K. LINE.S.S. SHNGHAI MARU 5,259 TONS. THE SUN NEVER SETSON THE N.Y.K. FLAG140 VESSELS 730,000 GROSS TONS

戦前絵葉書

ふりがなは「こ」のみ振ってありますが、京都府亀岡市の獨鈷抛山千寿寺の古い本堂のようです。茅葺屋根になっています。 獨鈷なげ山本堂

戦前絵葉書

The Kazuyama Fortress, Mazuyama

「勝山城」とあるのは、松山城の別名が勝山城だからですね。てっきり誤植かと思いました。

(日本古城集之内)伊予松山 勝山城