未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 1974年8-30号です。

表紙に博士によると思われる書き込みあります。

シミ、経年焼けあります。本体内に書き込みは見当 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 1974年4-26号です。

表紙に博士によると思われる書き込みあります。

シミ、経年焼けあります。

「連載記 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

雑誌「京都」1974年9月号です。

表紙に博士によると思われる書き込みあります。カバーに少々のシミ、全体に経年焼け。中には書き込みなど見当たり ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

国際文化 194号 1970秋号です。

表紙に博士によると思われる書き込みあります。カバーに少々のシミ、全体に経年焼け。

10-1 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 1975 5-9号です。

表紙に博士によると思われる書き込みあります。全体に少々のシミ、経年焼け。

119ページ 特集 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 昭和42年2月24日号です。

綴じ金部分にカバーの破れあります。全体に経年ヤケあります。

84-85ページの物理学入門書 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 昭和34年5月17日号です。

表紙の欠け、裏表紙の小破れ、全体経年ヤケあります。

73ページの囲み記事「つんどく買いどく ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日 1975 4-18です。

表紙に博士によると思われる書き込みがあります。「出雲の砂鉄」と読めます。

本体に書き込みは見当 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

 

昭和50年発行の非売品です。B5サイズ152ページ。

本体に書き込みは見当たりません。少量のシミあります。

いずれもA5サイズ。 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

世論時報 昭和51年2月号です。

表紙に博士によると思われる書き込みがあります。「日本を蝕むテレビ中毒」に〇が付けてあります。

本 ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

朝日ジャーナル 1974 Vol.16 No.42です。

表紙に博士によると思われる書き込みがあります。

本体に書き込みは見当たり ...

未分類

湯川秀樹博士関連の資料を入手しましたので、順次ご紹介していきます。

週間朝日1979年4-13号です。

表紙に博士によると思われる書き込みがあります。裏表紙は綴じ金部分が破れています。

目次ページが ...

未分類

 昼ごはんの後、散歩をしてきました。

できるだけ手入れのされていない自然のある場所を探して歩き、水田の間を流れてきた水が新川に流れ込む場所にある、排水機場の脇の土手を選びました。

水鳥たちが集まっていましたが私の出現に驚いて ...

未分類

背後は連縁の峭山に結ぶ南紀の壮景色。サンドアートが作ってあります。 白浜 湯崎名勝 千畳敷巌頭に洗う太平洋の怒涛

未分類

これまでに書き溜めた書評とブログから、テーマにあった内容のものを選んで、一冊の本にまとめました。パブーで販売中です。

『毎日出てゐる青い空の下で生きる』800円。公開済みの書評とブログ記事を集めたものですし、追記した内容も ...

未分類

 

贄崎海水浴場(にえざきかいすいよくじょう)は、当時と同じかどうかはわかりませんが、現在も存在しています。 絵葉書には参急電車無料休憩所とありますが、現在の鉄道は海岸からかなり離れているところにあるので

未分類

 

谷浜海水浴場は、新潟県上越市の海水浴場。地図を見ると、高田および直江津の市街地から西の糸魚川方面に向かったところにあり、山が海に迫る地形になっています。上越観光ネットのたにはま海水浴場に歴史が記されて

未分類

先週と同じ場所を歩いてきました。

春の草がすっかり実を落として枯草になり、チガヤが綿毛になっていました。

気になっていた、大きな花房を付けた株は、見栄えのしないまま花を咲かせてコガネムシが来ていました。あいかわ ...

未分類


かつて500人を超える人々が住み2つの村があった八丈小島。昭和30~40年代の激変期を迎えて、これまで通りの自給自足的生活を続けることができなくなり、最後まで島に残っていた120名程の島民が集団離

未分類


ピグミーにほれ込んだコリン・ターンブルが大好きだという文化人類学者スズキは、アフリカのキャンディーズの一人と恋愛を続け、結婚に至った『森の猟人ピグミー』や『豚と精霊』のコリン・ターンブルも、『ピダ