郷土文化(名古屋郷土文化会)

目次

1.名古屋市内の古代東海道について………………三渡俊一郎(1)
2.熱田神宮の「おはけ」資料……

戦前絵葉書

渡部審也について(長良川画廊 Web書画ミュージアム)

渡部審也 watanabe shinya
明治8年(1875)~昭和25年(1950)

岐阜県大垣市室町に大垣藩

郷土文化(名古屋郷土文化会)

目次

尾張式内社の座地問題(3) 尾張戸神社(山田郡)…..木立英世(1)
八事大聖廃寺と八事庄について………………..

戦前絵葉書

The Minatogawa newly established pleasure ground,  Kobe.

販売

HY19/03/20-2

戦前絵葉書

ケーニヒス湖についてはWikipediaにつぎのようにあります。

ケーニヒス湖(独: Königssee; ケーニヒスゼー)は、ドイツ南東部・バイエルン州のオーストリアとの国境近くにある淡

書評

血液は小腸で作られる

→目次など

血液は脊髄ではなく腸で作られるとする千島喜久男氏の理論に基づく本です。

最初は、「そんなはずがない」と一笑に付していた私でしたが、読み始めたところその説得力、合理性に引きこまれ、 ...

書評

地球という限られた空間よりも、広大な宇宙のほうが生命誕生の場としてふさわしいのかもしれない。そして宇宙は同じ起源を持つ生命にあふれているのかもしれない。 

→目次など

2014年にヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の探査機ロゼ ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

目次

大県神社の奥宮祭と韓国の神迎え神事について……..木立英世(1)
尾張平野海岸線の変化について……………̷

戦前絵葉書

「ウォルター・ビーチ・ハンファー」とあるのは、Walter Beach Humphreyを指しているようです。

余談ですが、老人と子供というと、私は、多摩動物公園にいた最高齢のオランウータ

書評

海の民に会い偽善とタブーから解放されたイタリア人

→目次など

イタリアの人類学者フォスコ・マライーニが映像記録を残そうとしていた1950年代の日本にも、伝統的な海女はわずかな地域にしか残っていませんでした。マライーニは鳥羽、 ...

書評

優生学、カトリシズム、母体の健康…、人道主義、イデオロギー、権力…。現場から見る問題点。

→目次など

本書では、古典的な医学では洋の東西を問わず、人間の豊かな自然治癒力を信じ、それがより良く機能するようにささやかな手助けをす ...

戦前絵葉書

 

富田 砕花(とみた さいか、1890年11月15日 – 1984年10月17日)は、日本の詩人、歌人。叔父富田砕花と藤木九三氏の思い出に、三畳の書斎で仕事をし、義兄宅で夕食を食べていた様子

戦前絵葉書

小泉勝爾・土岡泉共著(実質土岡泉著) 『日本鳥類図譜』より連日ご紹介している絵葉書の4枚目です。今回ご紹介する一連の絵葉書に含まれていたのは、以上の4枚です。全部で何種類発行されたのかは不明です。

書評

気功を実践する臨床心理士が語る「覚醒」を通じて「どうにもならない」自分を主体的に生きる意味を探る。

→目次など

 

著者は京都文教大学教授で、臨床心理士であり、気功も実践されています。共著はありますが単独での本は ...

書評

ニューロフィードバックがアルコール依存症の治療と再発の防止やてんかんの治療に役立ち、長年瞑想を続けた修行僧の脳には変化が生じ、催眠は痛みを消し、臨死体験者や宇宙飛行士は価値観を変える

「熟練の科学者たちが子どもたちに決して教えようとしな ...

書評

「催眠術」の誤解や偏見を解き、広い視野から催眠を研究したり、臨床的に応用したりするための学生、専門家向け入門書

→目次など

本書は催眠法の実際というだけに、催眠法を実践するときの注意点や方法を主としていますが、今回は、催眠と ...

書評

「想像力」は「意志」よりも強い/薬剤師クーエが薬の効果の違いから気付いた無意識の重要性。1966発行(原著1922年発行)で今も売れ続ける名著。

→目次など

 

私たちの生は無意識の世界に大きく影響を受けています ...

書評

人間の心と体、社会の不思議

→目次など

塩谷信男氏は、大恐慌の不況時に開業しながら患者のあふれる内科医として活躍し、84歳で閉院。その後、自身の編み出した正心整息法と宇宙無限力活用法の普及に努めて2008年に105歳で亡くな ...

書評

■人間■ 

動物に近い生き方をしながら、人間として、世界を受け入れて生きていく人々を記録した写真集。
ブラジルの先住民たちが白人の抑圧に抗して立ち上がったことを契機に、アマゾンを訪れた戦場カメラマンである著者による ...