日清講和の談判所として知らる…春帆楼 下関名勝 山口県下関市 旅館 日清戦争

日清講和の談判所として知らる...春帆楼
日清講和の談判所として知らる…春帆楼
THE VIEW OF SHUNPAN HOTEL, SHIMONOSEKI.
宛名面
宛名面
宛先と送り主だけ記入されています。
 
春帆楼のサイトに歴史が詳しく記されています。
江戸時代の末、坂本龍馬を物心両面で支援していた本陣・伊藤家の招きで、豊中中津(大分県)奥平藩の御殿医だった蘭医・藤野玄洋が、下関の阿弥陀寺町(現在地)で眼科医院を開き、長期療養患者のために薬湯風呂や娯楽休憩棟を造り、一献を所望する患者には妻・みちが手料理を供しました。
明治10年(1877)、玄洋は「神仏分離令」によって廃寺となった阿弥陀寺の方丈跡を買い取り、新たに「月波楼医院」を開業。
玄洋没後の明治14~15年頃、伊藤博文の勧めによってみちがこの医院を改装し、割烹旅館を開いたことが春帆楼の始まり。
奇兵隊の本拠地が阿弥陀時(現・赤間神宮)で、その跡地に建ったのが現在の春帆楼です。
明治28年(1895)の日清講話会議の開催地として選んだのは、伊藤博文。日本の軍事力を誇示するために最適だったため。
・ふぐ料理は、豊臣秀吉以来禁じられていたが、下関の庶民は食べており、明治20年に伊藤博文に出したことから21年、山口県令(知事)に命じて禁を解かせ、春帆楼がふぐ料理公許第一号となった
 
同サイトに掲載されている写真にもイギリス人らしき外国人が伊藤博文と写っており、国際金融資本と長州勢力の親密さをうかがわせます。
 
■販売
ヤフオク出品中:商品名:HY19/08/30-1