楚都濱繪はがき(八枚一組) 高級二色刷 楚都濱館発行 和歌山県有田市

2019年8月15日

袋・表
袋・表
袋・裏
袋・裏
楚都濱海水浴など
楚都濱海水浴など
左上:楚都濱より見る打瀬船の帰帆
左下:紀伊箕島町楚都の松原根上り松
右上:楚都濱海水浴
右下:楚都の松原
楚都濱海水浴など宛名面
楚都濱海水浴など宛名面
楚都濱舘など
楚都濱舘など
左上:楚都濱舘其一(剥がれあり)
左下:楚都濱舘其二
右上:楚都濱舘其三
右下:楚都濱より刈藻島を望む

楚都濱館など宛名面
楚都濱館など宛名面
 
楚都濱は、現在の有田市、有田川の河口の北に位置していますが、地名としては存在していません。アパートなどの名前に付けられています。
打瀬船は打瀬網漁に使われた船。底が砂泥で障害物のない海域で、帆走する船で網を引いて海底にすむエビ、カニ、カレイ、ヒラメなどを採る漁です。
藻島とあるのは、現在は陸続きになった、楚都浜沖にあった島のようです。
 
(コード:19/08/15-1)