役行者根本道場 県立公園 伊勢山上 “自然の冷房” 伊勢山上バンガロー 三重県松坂市飯福田山

 

役行者根本道場 県立公園 伊勢山上
役行者根本道場 県立公園 伊勢山上
宛名面
宛名面
伊勢山上(いせさんじょう)は、三重県松阪市の名勝。
飯福田町寺の前・赤江谷・井ノ谷/指定面積:297,736平方メートル/昭和27年8月8日
 飯福田(いぶた)山は一志高原の北麓に位置する第三紀砂礫岩(されきがん)よりなる、標高390m、高低差約200mの山麓丘陵であり、散在する巨大な露岩が自然の風化により、奇岩、怪石、岩窟の様相を呈し、絶妙の風光美を形成している。麓にある飯福田寺は役小角(えんのおずぬ)の開創と伝え、飯福田寺周辺一帯は伊勢山上といい、鎌倉時代頃より修験道の霊場となり、「岩屋本堂」をはじめ「鏡掛」「蟻ノ戸渡り」など多くの行場がある。現在も夏季には修験僧が多く登山する。
 名勝指定の区域は寺周辺約30万平方メートルに及び、赤目一志県立公園にも含まれている。
 
「伊勢山上バンガロー」はどこにあったのか不明です。
 
伊勢山上 飯福田寺(いぶたじ)は、役行者によって開創された霊場であるとあり、命の危険を伴う行場もありますが、根本道場とは称していません。 
 
短期間だけ存在していたバンガローの発行した絵葉書でしょうか。
 
■販売
ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/30-1