西芳菲山人之碑 伊勢松阪養泉寺境内 三重県 西松二郎 三重工業初代校長

 


西芳菲山人之碑 伊勢松阪養泉寺境内
西芳菲山人之碑 伊勢松阪養泉寺境内
宛名面

宛名面
コトバンクにもエントリーがあります。
西松二郎 にし-まつじろう
1855-1909 明治時代の教育者。
安政2年5月生まれ。地質学を専攻し,母校東京大学の助教授,東京農林学校,高等師範の教授を歴任し,明治36年初代の三重工業校長となる。狂歌をよくした。明治42年2月15日死去。55歳。肥前長崎出身。本姓は小沢。号は芳菲山人。
芳菲についても、コトバンクにエントリーがあります。
ほう‐ひ〔ハウ‐〕【芳×菲】
草花のよいにおいがすること。また、草花が美しく咲きにおっていること。
鉱物学に関する著書をいまでも入手できます。
 
養泉寺の釜田住職は、2018年に全日本仏教会(事務総局=東京都港区)の理事長に就任されたそうです。
 
■販売
ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/24-1