原爆の広島 MEMORIAL SCENES OF A-BOMBED HIROSHIMA 絵葉書16枚と袋+旅のしをり1枚

 

原爆の広島
袋表面と復興した広島本通
復興した広島本通 一瞬にして焼野原と化した本通は 今や戦災以前の殷盛を取戻した。
Reconstructed Hiroshima Hondori
By the bomb the Hondori was changed into desert. In this present 9 years it is reconstructed as it was before.
原爆の広島
袋裏面と絵葉書宛名面
7-29-54 WITH TEISUKE(手書き)

 

原爆の廣島
昭和20年8月6日午前8時15分 廣島上空で炸裂した世界最初の原子爆薄は第2次世界大戦の終止符となった.此の原爆によって一瞬にして壊減した廣島の土地仁は70年間草木は勿論一切の生物は棲息できぬと言われたが市民の盛上る力によって着々復興し嘗って軍都を誇った廣島は今は其面目を一新し平和都市として全世界に永遠の平和を推進してゐるのである。
A-BOMBED HIROSHIMA
The Second World War came to an end by the first atomic bomb in the world which was Exploded in the sky of Hiroshima at 8.15A. M., 6th of August, 1945. It was said that not only plants but also all creature can never be in existence at the destroyed Hiroshima for seventy years. Nevertheless Hiroshima which had been proud of the city of military preparations,has reconstructed step by step by the sturdy cooporation of the citizen. Changing the appeaiance, Hiroshima,the peacefull city, is ptomoting the eternal peace to the whole world.
原爆の広島 絵葉書
本通り商店街 爆心地 火の海
左上
廃墟と化した本通商店街 (道路の右側は帝國銀行•左は元三和銀行)
RUINS OF THE MAIN STREET
(the Teikoku Bank on the right, the former Sanwa Bank on the left
燒野原ち成った盛り場新天地附近 (手前の鐡筋三階建がキリンビヤホール)
SHINTENCHI(AMUSEMENT QUARTER) & NEIGHBOURHOOD
(The steeb concrete three-storied buildinig is the Kirin Beer Hall)
 
右上
崩れ去つた爆心地附近(橋の右侧が產業獎勵館)
Ruins of the Explosion Center aud vicinity (The Commercial Exhibition Hall on the right of the Bridge)
 
左下
復興した相生橋
爆心地に近く強い爆風のため橋の欄干は倒れ歩道は下部より突上げた如くに壊された。
Reconstruction of Aioi Bridge.
From main bomb place nearby Aioi Bridge rail was broken down, and the pavement looked as if it were dug up from underground.
 
右下
火の海
放射線を受けた市內は崩壞すると同時に火を發して忽ちに火の海と化した(爆發25分后宇品町七丁目より望んだ爆心地方面 (木村權一氏撮影)
ALL IN FLAMES
Struck by the thermic rays almost all houses of the city were demolished and thrown into flames in an instant, (Explosion Center viewed from Ujina Hichichome, 20 minutes after the explosion)
 
原爆の広島 絵葉書

爆心地の屋根瓦 産業奨励館 平和大橋 平和記念館
左上
爆心地西蓮寺の石塔
熱線が眞上から來た爲めに側面と地藏尊の蔭は滑であるが他の部分は表面がザラザラになつてゐる
TOMB STONE OF SAIRENJI TEMPLE
As the thermic rays struck the tombstone perpendicularly the sides and the part shaded by the statue of JIZO (the guardian deity of Children) remained smooth while the other part became rough on the surface
 
爆心地の屋根
爆心地附近の屋根瓦は5000℃以上と推定される熱線を受けて表面に粒狀を呈している(地圃の様に見えるの は、苔の生えていた所である)
ROOF-TILES OF EXPLOSION CENTER
Almost all the roof-tiles of Explosion Center was granulated on the surface attacked by an unimagenable heat of 5000°C (what looks like a map is caused by the moss growing on the tile shutting out the ray)
 
右上
原爆記念、産業奨励館の今昔、(爆心地より約150米
原爆当時の被害状況を如実に遺してゐる此の産業奨励館は市民にとって最も思出深いものがある。
Industrial Hall in memory of the Atomic Bomb. (About 150 meters from main bomb place )
Atomic Bomb really shows how the damage condition are and Industrial-Hall i s one of it to be counted in. It makes the citizen think over how it was in those days.
 
左下
Large bridge for the sake of peace.
平和大橋
 
西平和大橋
Western Large bridge for the sake of peace
 
右下
The Peace Memorial Hall
平和記念館
 
広島児童図書館
The Hiroshima Children Library
宛名面
宛名面 (薄いシミがあります)
原爆の広島 絵葉書
原爆の広島 絵葉書
左上
ガス•タンク
原爆の輻射線を梯子が遮った爲めに其の部分のみ塗料が変質せす、陰影を殘してゐる (爆心地より約2200米)
GAS TANK
A certain part of the painted gus tank was shaded from the thermic rays by the fixed ladder and underwent no change whatever, thus making the part quite distinct from the other. (About 2200 meters from Explosion Center)
 
死者の影
爆發の時に大阪鈒行の玄關の石段に腰をかけていた者があるらしく、他の部分は花崗岩が强い熱線を受けて 表面が變化し其の人の影を殘しゐる (爆心地より280米)
THE DEAD MAN’S SHADOW
The granite front door-step or the Osaka Bank has a mark resembling a humann shape clearly distinguished from the other part affected by the explosion heat, making us suppose that a man was sitting there when the catastrophe took place. (280 meters from Explosion Center)

右上
原子雲
昭和20年8月6日朝8時15分廣島市中心部の上空570米に於て炸裂した原子爆弾の20分後に於ける宇品より見た原子雲(木村權ー氏撮影)
THE ATOMIC CLOUD
The atomic cloud viewed from Ujina 20minutes after the bomb explosion took place at a height of 570 meters, above the middle part of Hiroshima at 8,15a. m. on Aug. 6,1945. (Photo, by Mr. G, Kirnura)
 
左下
五輪塔
積み重ねた石塔が爆風で浮き上つた瞬間練瓦の破片が飛び來つて其の開に喰込んで爆發の惡戯とも言ふべき奇蹟的現象が此處に見られる
(爆心地よ520米)
STUPA-SHAPED TOMB
One of the stones composing of a stupashaped tomb was stightly raised by the atomic blast and produced a crevice, but at that instant a fragmen of a brick came flying and accidentally filled the cavity as if by a trick of nature.
(520 meters from Explosion Center)
 
石燈籠
元安橋は橋の中央を爆風が襲ったものとみえて々外側に頭如が滑り出してゐる (爆心地より100米)
STONE LANTERN
Motoyasu Bridge sccms to have been attacked by the atomic blast in thee middle part,all the top stones of the lanterns placed there have considerably slanted out ward. (About 100 meters from
Explosion Center)
 
右下
原爆記念産業奨励館 (爆心地より150米)
What remains of commercial Exhibition Hall
(150meters from Explosion Center)
原爆の広島 絵葉書

広島大仏・慰霊碑 縮景園・原爆研究所 復興中の市街地展望
原爆犠牲者供養 広島大仏
Hiroshima Daibutsu which is dedicated for the memory of the victims who fell in the A-Bomb explosion.

The monument of those who were killed by A-bomb.
原爆犠牲者慰霊碑
 
左下
広島縮景園(泉邸)
旧広島藩主浅野侯爵家の庭園であったが昭和に至つて広島県に移管された。原爆によって老木は枯死しさすがの名庭園も焼野原となったが、漸次復旧されつゝある。
Hiroshima shukukeien (Sentei)
In the begining,this garden belonged to marquis Asano, Former clan of Hiroshima. But it was transfered to Hiroshima prefecture since the age of Showa. The old tree died and the famous garden was all burned. Now it is being restored.
 
原爆研究所(比治山)より安芸の小冨士を望む
Comond Mt. Akino-ko-Fuj i. from A. B. C. C. on Hijiyama Hill.
 
右下
復興中の広島市展望(比治山より市の中心部を望む) .
原爆によつて一眸沙漠と化した広島市は盛上る市民の力によつて目醒しい復興を遂げている。
View of Hiroshima City being reconstructed
(Viewing the center of、the city at the top of Mt. Hiji)
By few minutes bombing, the city were changed into desert in a moment. At the present the citizen is rebuilding and promoting a remarkable development.
 
宛名面
宛名面
旅のしをり
旅のしをり (スキャン時に一部はみ出しています)
旅のしをり
旅のしをり (スキャン時に一部はみ出しています)
 
ABCCは被爆者への治療は原則行わず、多くの被爆者の検査データを集めました(2017年6月19日の記念式典で「放射線影響研究所」(放影研、広島・長崎両市)の丹羽太貫(おおつら)理事長(73)が謝罪)。この事実は、新聞で報道されることはあっても、知る人は少ないのではないでしょうか。
 
私は、東海アマさんのブログで知りました。フクイチが爆発した後だったと思います。この事実を知ってから国の動きをみてみると、今も当時と同じで、データ収集を目的とするだけで治療は行われていないという実態が見えてきました。線量を測定するバッチを配布して子供たちの身につけさせながら、データを本人に知らせることはありません。がん患者のデータを国に提出することを義務付けながらデータが公表されることもありません。結局のところ、人は生物であり、生物は利己的であることを知ることになったのです。しかも、言語という、虚構を作り上げる道具まで手に入れてしまった生物です。
 
原子爆弾についても湯川秀樹の研究がアメリカの手に渡って完成したものであると言われています。その功績により湯川にノーベル賞が与えられたのであると。また、上空から投下したのではなく、地上で爆発させたともいわれています。そうしなければ、原爆を投下した飛行機まで被害を受けていたはずであると。
 
これに対し、そもそも原爆を作ったのも地上で爆発させたのも日本人だということを言い出す人もあります。結局、根拠など何もなくても、それらしい説を生み出して伝え続ければそれが事実であるとされていってしまうというどうにもならない効果が言語にはあるのでしょう。
 
いずれにせよ、ただ一つの説だけを正しいとして伝え続ける学校教育やマスコミという存在は、やはり、百害あって一利なしの存在なのだと私には思えます。
 
■販売
ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/20-1