(東京名所)帝国劇場 THE IMPERIAL THEATER IN TOKYO

(東京名所)帝国劇場

(東京名所)帝国劇場
宛名面
宛名面
帝国劇場について(コトバンクより)
東京都千代田区丸の内3丁目にある劇場。通称帝劇。 1911年3月開場。ルネサンス風のフランス様式を模した劇場で客席天井の和田英作の天女の油絵,プロセニアムの華麗な彫刻が有名であった。劇場の建坪約 2000m2。観客席は4階まですべて椅子席で,新しい劇場機構,観劇制度が評判を呼び,また専属女優制,帝劇オペラなど新機軸を打出して観客を集めた。 23年関東大震災で焼失し,復興後はそれまでの勢いを取戻せず,第2次世界大戦以後は帝劇ミュージカルの試みが目立つ程度で 64年に閉場。 66年同じ地に地上9階,地下6階で,定員 1831人の最新の舞台機構を誇る「新帝劇」が建設された。開場の年に世界で初めて舞台化された『風と共に去りぬ』を上演したのをはじめ,『屋根の上のバイオリン弾き』 (1967) ,『ラ・マンチャの男』 (69) ,『レ・ミゼラブル』 (87) ,『ミス・サイゴン』 (92) など独特の輸入ミュージカル路線を開いている。
この説明にはありませんが、「帝国」と付くものの国営ではなく民営で、伊藤博文が主宰した協議会を経て、渋沢栄一が会長、大倉喜八郎らが取締役を務める、帝国劇場株式会社が経営する民間の劇場です(写真の中の明治・大正をご覧ください)。
 
帝国劇場ができるまでに、帝国劇場を作った目的や、江戸時代の劇場との違いなどが詳しく記されています。劇場を社交場として利用し、政治的な意図をもたせていた諸外国にて観劇を体験した岩倉使節団など明治時代の政治家らが、同様な機能を持つ劇場を作ろうとしたことが背景にありました。明治政府は、江戸時代の演劇を低俗・卑猥なものとして「演劇改良運動」を展開し「高尚・修身道徳・歴史教科書となる演劇」という統制項目3カ条を示したのでした。1886(明治19)年には、海外留学帰りのエリート有志を中心に演劇改良会が結成され、この会の運動によって1887(明治20)年に天覧歌舞伎、つまり天皇の御前での歌舞伎披露が実現しました。
 
ところで、江戸時代の演劇が低俗・卑猥であったかというと、『逝きし世の面影』にあるように、内容は卑猥であっても、子ども連れで観劇することも一般的であったようです。また、江戸の文化は、卑猥さをあけっぴろげにして楽しむ軽さがあり、裸体を極端に隠す必要もありませんでした。むしろ、明治以降のキリスト教的価値観の押し付けによって、そうした軽さが失われていったように思います。国際金融資本と手を組んで新国家の中枢となった伊藤博文や渋沢栄一が、どのような意図でこの劇場を作ったのか気になります。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/10-1