谷浜海岸ニ於ケル海水浴(其ノ三) 新潟県上越市 戦後?

 

谷浜海岸ニ於ケル海水浴(其ノ三)
谷浜海岸ニ於ケル海水浴(其ノ三)
宛名面
宛名面
谷浜海水浴場は、新潟県上越市の海水浴場。地図を見ると、高田および直江津の市街地から西の糸魚川方面に向かったところにあり、山が海に迫る地形になっています。
上越観光ネットのたにはま海水浴場に歴史が記されています。明治44年8月が谷浜海水浴場の発端とあります。
歩兵第五十八連隊長、堀内文次郎(大佐)は、連隊の水泳訓練の場として、谷浜の海を探索され、レルヒ少佐と共に海水浴を楽しまれた。
※ご両人とも『谷浜の海は、遠浅で水透明、泳ぎにはすこぶる最適の海』と賞賛。
★その後、堀内文次郎は松本地方の人達に谷浜の海の素晴らしさを伝えられた。これが谷浜海水浴場の発端です。

「敵に塩を送る」の言葉の元になった塩もこの谷浜海岸で造られた塩だとのことです。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/09-1