(伊東温泉)天然記念物指定特殊魚族の棲息せる浄の池

伊東温泉 浄ノ池
(伊東温泉)天然記念物指定特殊魚族の棲息せる浄の池 JO NO IKE POND IN WHICH CAN SEE RARE FISH AS ONE OF THE REGISTERED NATURAL WORKS, ITO IZU. 
宛名面
宛名面

「『ざっかや空多』のたどり着いたらいつも雨降り」の浄の池の珍魚など3ページに、この池と魚について記されています。現在の横山医院(伊東市和田1-4-20)にあったそうです。地図で見ると市街地の中にあります。棲息していた魚の絵葉書も出ており、「おきふえだい」、「ゆごい」、「おおうなぎ」、「やがたいさき」、「しまいさき」という名前が記されています。

WikiPediaによると、「浄ノ池特有魚類生息地」と呼ばれていたようです。

水面面積わずか15坪のこの池は、池底より温泉が常に湧出していたため、水温が年間を通じ摂氏約26°Cから28°Cの微温湯に保たれており、淡水であるにもかかわらず複数種の南方系海水魚・汽水魚が生息していたことから、特有の魚類生息地として1922年(大正11年)に国の天然記念物に指定された。しかし1958年(昭和33年)の狩野川台風の影響および温泉湧出の停止等、生息域環境の変化により特有の魚類は見られなくなり、1982年(昭和57年)に天然記念物の指定が解除された。

 

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/07/07-1