大正十五年四月二十六日椙山女學校淺倉海岸汐干狩


大正十五年四月二十六日椙山女學校淺倉海岸汐干狩
大正十五年四月二十六日椙山女學校淺倉海岸汐干狩
宛名面
宛名面 折れはありませんが線状の汚れがあります

椙山女学園 椙山歴史文化館によると、「椙山女学校」は1925(大正14)年に、名古屋縫製女学院と椙山高等女学校からの名称変更によって生まれ、1937(昭和12)年に椙山女子商業学校の開校に伴って廃止されています。

「淺倉」とあるのは愛知県知多市緑町にある朝倉駅付近のようです。愛知県図書館のページに朝倉海岸潮干狩りの絵葉書が掲載されています。地図で見ると、現在は埋め立てられてしまっていますが、当時は駅からすぐ海岸に出ることができたようです。

潮干狩りの歴史については、疑問を解決!に次のように記されています。

潮干狩りの歴史や季語などの雑学と人気スポットをまとめました。潮干狩りの歴史は平安時代に遡りますが、庶民の行楽になったのは江戸時代から明治時代にかけて。中でも旧暦三月三日は大潮と呼ばれ潮干狩りに最適な時期とされてきました。

 

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/06/21-1