岩手公園 観月亭ト桜林 (盛岡城跡)

 

岩手公園 観月亭ト桜林
岩手公園 観月亭ト桜林

KANGETSUTEI AND CHARRYBUSH IWATE PARK 盛岡.便利堂発行

「観月亭」らしい建物は判然としません。左上に「高橋君」と読める書き込みがあります。

宛名面
宛名面

 

盛岡市のサイトに次のように紹介されています。

盛岡城は,三戸から不来方(こずかた)の地に居城の移転を決定した南部信直(なんぶのぶなお:盛岡藩初代藩主)が,慶長2年(1597年)に嫡子利直(としなお:2代藩主)を総奉行(そうぶぎょう)として築城を始めたと伝えられ,翌慶長3年(1598年)の正式許可の後,築城工事が本格的に進められました。
城の縄張りは豊臣家重臣の浅野長政の助言によるものといわれ,北上川と中津川の合流点に突き出した丘陵に本丸・二ノ丸・三ノ丸・腰曲輪(こしくるわ)などを配し,それぞれに雄大な石垣を構築して内曲輪(うちくるわ)=御城内(ごじょうない)としています。
さらに,内曲輪の北側は起伏の激しかった現在の内丸地域を平坦にして堀で囲み,南部氏一族や藩の重臣たちの屋敷を配置して外曲輪(そとくるわ)としました。また,外曲輪の北側と東側の中津川対岸の城下を堀で囲み,武士や町人たちの屋敷街である遠曲輪(とおくるわ)=総構(そうがまえ)が配置されています。
築城工事は,北上川や中津川の洪水にみまわれながらも続けられ,築城開始から36年後の寛永10年(1633年)に南部重直(しげなお)=(代藩主)が入城して以降,藩政時代を通じて盛岡南部氏の居城となりました。
盛岡城は,明治の廃藩置県の後明治5年(1872年)に陸軍省所管となり,明治7年(1874年)には内曲輪(御城内)の建物の大半が取り壊され,城内は荒廃しました。
その後,明治39年(1906年)に近代公園の先駆者である長岡安平(ながおかやすへい)の設計により岩手公園として整備され,市民の憩いの場として親しまれています。
平成18年(2006年)には開園100周年を記念し,「盛岡城跡公園」と愛称をつけました。

この絵葉書は明治39年より後に発行されていることになります。観月亭(淡路丸大櫓跡)は、老朽化によって取り払われました。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/06/07-1