日本銀行遠景 東京名所 THE BANK OF JAPAN TOKYO.

 

日本銀行遠景
日本銀行遠景
宛名面

宛名面

日本銀行に関係のある記述を『国際金融資本がひた隠しに隠す お金の秘密』から長文になりますが、引用したいと思います。

日本における紙幣の誕生


わが国では飛鳥時代に鋳造貨幣が誕生して以来、鋳造貨幣の時代が長らく続いてきた。
紙幣が登場するのは江戸時代の慶長一五(一六一〇)年に三重県の伊勢山田で「山田羽書」という私札が発行されてからである。ただ、鋳造貨幣はそれ以降も日本のお金の主役として機能し、金貨や銀貨が大量に流通していた。
私札とは、政府(幕府)以外の者が幕府の許可を得て発行し、流通させた紙幣である。
私札の種類には、街道の宿場で発行された宿場札、寺院や神社が発行元となった寺社札、旗本が 発行した旗本札、各村や町が発行した町村札(自治体札)、鉱山などで発行した鉱山札、土地の有力者・商人が発行した私人札などがあり、その形態や性格は多種多様だ。やがて、これらの私札が藩札の発行へとつながり、全国の藩でも独自の紙幣を発行するようになる。
最初の藩札は寛永元(一六六一)年に福井藩が発行したといわれる。その後、特に銀中心の経済地域である西国の諸大名を中心として、多くの藩が藩札を発行した。
明治四(一八七一)年に政府が藩札の発行状況を調べたところ、全国の藩の約八割に当たるニ四四藩、一四の代官所、九の旗本領が紙幣の発行を行なっていた。
藩札発行の目的は藩内の貨幣の不足を補い、通貨量の調整機能を担わせることだった。
そのためには十分な正貨準備が不可欠だったが、実際には藩札発行で得られる金貨や銀貨の鋳造貨幣の納庫を目論み、これによって藩の財政難の解消を試みる場合が多かった。
藩は独自の流通規則を定め、藩札以外の貨幣の流通を禁じた藩もあったが、藩札と幕府貨幣の両方の流通を認めた藩も多かった。
藩札は藩の取り潰しなどがあれば紙くずになるリスクがあつた。また、藩の財政状況が悪化すれば藩札の信用も低下する。藩札は金貨や銀貨などと兌換できることが保証されていたものの、実際にはそれだけの正貨を用意できた藩は少なかった。
明治政府は明治四年の廃藩置県を機に藩札回収令を発布し、各藩札の正貨との実質交換相場による藩札回収を始めたが、処理が完了したのは明治一二(一八七九)年であった。
廃藩置県後、新通貨が整備されて普及するまでは、藩札に似たさまざまな紙幣が流通していた。太政官札、民部省札などの政府発行紙幣、旧幕府領に設置された府県のいくつかが発行した札、新政府が各地の商業中心地に開設させた為替会社や通商会社が発行した札や、円銭厘の単位を示し大蔵省印が加印された藩札が、新貨交換比率が設定された寛永通宝銭などの銭貨とともに使用された。明治五(一八七ニ)年、国立銀行条例が制定された。
明治維新後、新政府は欧米のさまざまな制度を模倣して導入したが、国立銀行条例もその一つである。
名前は国立となっているが、実際には政府が作ったものではない。銀行は民間が所有し、銀行券を発行できる権利が与えられていた。民営でありながら国立と称されているのは、米国で銀行券を発券する「ナショナルバンク」をそのまま訳したことにょる。
制度だけでなく、名前までそっくりそのまま真似たわけである。ここにも明治維新の本質の一端を窺い知ることができる。
発足当初から財政難に悩まされた明治政府は、先に述べた太政官札といわれる金銀の裏付けのない紙幣を発行していた。この太政官札の消却を目的として設立されたのが国立銀行だった。
政府は兌換紙幣である銀行券の発行を認める代わりに銀行設立者が出資する金貨や銀貨をあてこんで、国の借金の返済を国立銀行、正確には民間に肩代わりさせようとしたのである。
ところが、出資者も愚かではない。このような紙切れ同然の紙幣ではなく、価値ある金貨や銀貨 を保有したいと考えるのは当たり前だ。さらに、不換紙幣の太政官札と兌換紙幣の銀行券が並存すれば、太政官札の方は価値が下落することは火を見るより明らかだ。
結局、不換紙幣の回収という国立銀行設立の目論見は失敗に終わった。
財政難を逃れようとして苦肉の策として編み出された仕組みであり、藩札の発行事情と似ている。
一般的なお金の歴史では、金貨や銀貨の鋳造貨幣の裏付けのある預証紙幣の次に不換紙幣、あるいは不換貨幣が発行されるが、日本ではこの逆であるところも興味深い。
その後、政府は西南戦争でさらに乱発した不換紙幣の回収を目的として、明治一五(一八八ニ) 年、銀行券の独占発行権を持つ日本銀行を設立する。以後、わが国のお金の歴史は世界のそれと軌を一にしている。(47-50ページ)

明治維新によって日本は世界システムに組み込まれたわけですが、世界システムの重要な要素の一つが、この通貨発行権を独占する民間の組織である中央銀行であるといえるでしょう。

実質的に最初の中央銀行であるイングランド銀行についても同書から引用します。

恒久化された通貨発行権
イングランド銀行設立の背景から垣間見えたのは、世間の評価とは正反対の、怪しげで醜悪な正体だった。設立の背後で暗躍してきた者たちの狙いは何だったのか。隠されたその目的を別の視点から検証することにしよう。
ウイリアム三世はフランスとの戦争を遂行するため、公債の発行によって資金を調達していた。それはトンチン公債一〇〇万ポンド、富籤公債一〇〇万ポンドの計ニ〇〇万ポンドからなり、一四%にも達する高い利子が付されていた。前者にはアルコール税が、後者には関税と酒税が返済財源として充てられていた。
しかし、戦争を継続するためにはさらなる戦費調達が必要だった。既にニ〇〇万ポンドもの公債を発行していたので、これ以上の起債は難しい。また、調達するにしても、借入コストの大幅な抑制を図らねばならなかった。
このように苦悩していた最中に、救世主のごとく颯爽と登場したのがウイリアム・パターソンで ある。彼はご主人様であるロンドンの商人たちの意向に忠実に従った傀儡だった。バターソンを前面に立たせたロンドンの商人たちは、国王から特許状を得てイングランド銀行を資本金一二〇万ポンドで設立することに成功する
イングランド銀行は設立後に払い込まれた一二〇万ボンドをそのまま国王に貸すことになつていた。国王はそれに対して八%の利子を払う。その財源にはトン税(重量税)が充てられた。
また、イングランド銀行には資本金と同額の捺印手形を発行する権利が与えられていた。それは既に出回っていた金匠手形のような私的な銀行券ではない。国家の承認を受けた権威ある銀行券だった。
さらに、イングランド銀行は捺印手形を貸し付けて六%の利子を得ることが許された
ここに、巧妙な仕掛けがある。
イングランド銀行もしくはその株主は、国家から支払われる八%の利子と捺印手形の借手から支払われる六%との合計一四%の利子を受け取ることができたのである。一四%といえば、それはトンチン公債と富籤公債の利率と同じだ。一方、国王は八%の金利を支払うだけで良かったので、大いにメリットを享受することになつた。
加えて、イングランド銀行は設立から十一年間、その存続が保証される特権が認められていた。
十一年後に期限が到来すれば国家は借金を返済し、これと同時にイングランド銀行は消滅する約束だつた。
だが、借入の目的は戦費調達である。消費するのみで新たな価値を何ら生み出さないため、元金と利子の返済は容易ではない。結局、イングランド銀行に対する特許状は、その後一八一二年までに十二回も書き換えられ、その存在は恒久的に保証されることになった。(152-153ページ)

 

世界システム論講義によれば、低コスト労働の確保のために人種差別・性差別・高齢者の排除などの新たな差別と表裏一体となって、フランス革命の基本的人権の思想や自由・平等といった普遍的な価値が浸透していきました。それと同時に、この時期に通貨発行権を独占する中央銀行を作るという取り組みが実施されていっていたことになります。

『お金の秘密』の続きの部分を見ていきましょう。

お金はモノやサービスを購入するための対価、つまり決済手段として利用される。お金が貴金属であった時代には、貴金属の生産量を超えるお金が世の中に出回ることはなかった。
モノやサービスに対する需要が増大しても、その供給は世の中に出回るお金の量以下に制限される。すなわち、人々の欲望がいかに高まっても、それを満たすだけのお金の生産が追いつかない限 り、人々の欲望は一定限度に抑えられていた。
一五世紀中頃から一七世紀中頃まで続いた大航海時代において、欧州諸国にょってアジア、アフリカ、南北アメリカ大陸などへの植民地主義的な海外進出が盛んになった。異文明の農産物や地下資源、文化財に対する需要が高まる一方、自ら生産した工業製品等を植民地に売りつける供給ニーズも高まつた。
これにともない、海外交易の決済手段となるお金に対する震もまた増加した。欧州諸国は植民地の貴金属を強奪したり、新たな鉱山開発によってお金の量を増やそうとした。
だが、貴金属、とりわけ金は埋蔵量が少なく、その生産には相応の時間がかかる。交易の範囲を一気に地球規模にまで拡大した結果、人々の欲望は膨らむ一方だったが、そのべースに貴金属の増加速度が追いつかなかった。換言すれば、お金は貴金属という希少な有限資源であることによって、ともすれば爆発的かつ無節操に拡大しがちな人々の欲望に歯止めをかける抑止力の役割を果たしていたのだ。
ところが、銀行券のような紙のお金は、こうした「安全弁」を一気に取り払ってしまう可能性を秘めている。紙は貴金属と同じような物質ではあるが、生産コストは貴金属に比べ格段に安い。短期間で大量生産も可能だ。
金匠(ゴールドスミス)の預証から発展した紙のお金は、貴金属のお金と同じ効力を持つと見なされたが、その前提が成り立つためには、貴金属とそれに対する紙の発行量が等しくリンクしている、という建前が必要となる。
しかし、生産が容易なだけに、お金を創り出す者の考え方しだいで、貴金属の保有量を超えていくらでも(紙の)お金を発行することが可能だ。
お金を発行する者に強い自制心と規律がなければ、誘惑に駆られて野放図にお金を刷るようになる。それはインフレにつながり、程度の度合いによっては経済を破統させ、社会秩序に混乱をきたす恐れがある。
そこで問題となるのが、イングランド銀行の出自と性格である。
イングランド銀行は中央銀行だが、れっきとした民間銀行である。利益追求を至上目的とする組織だから、公共性や政策金融の観点を優先してお金の発行量を決めなくても何ら咎められない
イングランド銀行はそもそも時限立法で設立され、一時的に許容された存在に過ぎなかった。ナポレオン戦争で莫大な戦費調達を必要とした英国政府が、財政難を乗り切るために採用した暫定的措置だった。そこには、銀行券発行の特権を手に入れて大儲けしようと、虎視眈々とその機会を窺 っていた勢力の思惑が強くはたらいていた。彼らはさらに、銀行券発行業務と貸出・預金等の一般業務は各々、別々の銀行が取り扱うべきだとして、配下の学者を使って暗にイングランド銀行を発券専門銀行にするよう主張した。
一方、中央銀行を新設して発券業務をイングランド銀行から取り上げようという話も出た。
銀行券を過剰発行してインフレをもたらすだけでなく貸出を増やして莫大な利子収入を稼ぐ者たちに反感を抱く勢力がその背後にいた。
銀行券の発行は、イングランド銀行設立以来の歴史的な特権だった。それだけに、既得権益を死守する者たちの抵抗は凄まじかった。彼らは、政府がイングランド銀行に巨額の累積債務を返済することを迫った。もちろん、それは不可能であることを見越したうえでの反撃である。
結局、両者はイングランド銀行を銀行部と発行部に分割することで妥協した。しかし、実質的には、特権の存続を認めさせた者たちの勝ちだった。
いずれにせよ、イングランド銀行は世の中に流通させるお金の量を自らの一存で決定できるようになった。これは、同行を支配する者たちが、公的な名称の陰に隠れて暴利を貪るための究極の利益追求手段の所有を恒久的に保証されたことを意味する。
彼らの中心勢力は宮廷ユダヤ人である。そして、その邪悪な集団の象徴的存在に祭り上げられたのが、ロスチャイルド家であった。

イングランド銀行の真の支配者ロスチャイルド家

次に、ピール条令の第二のポイント、(2)イングランド銀行に銀行券発行権限の独占化を許容 したことについて述べていくことにしよう。
ピール条令では、銀行券の発行を徐々にイングランド銀行へ集中していくことが取り決められた。すなわち、ことあるごとに、それまで認められていた地方銀行の発行権を剥奪することになったのである。
これにともない、イングランド銀行以外の地方銀行が新たに銀行券を発行することが禁じられた。
また、破産あるいはその他の理由で、地方銀行が銀行券の発行を停止する場合には、国王の同意の下に、その既発行額のー定割合をイングランド銀行が継承することになった。
中央銀行を設立する一方、分立していた通貨発行権を取り上げて中央銀行に一元化する仕組みは、これ以降、世界各国で続々と作られていく
強力な権限を民間の一銀行に独占させる危険性は、専門家や識者の間で十分に麗されていた。
だが、それを阻止できなかったのは、ロスチャイルド家が短期間で巨万の富を蓄積し、これを背景に発言力を増した宮廷ユダヤ人があらゆる方策を駆使して、巧みなロビー活動を展開したためである。(172-176ページ)

日本銀行を設立したのは松方正義であり、1877年(明治10年)渡欧して、フランス蔵相レオン・セイの紹介でパリ・ロチルド家のニ代目当主ルフォンス・ド・ロチルド(ロスチャイルド)と面会したとされています。

本来の歴史学はこのような点についてこそ明らかにすべきでしょうが、そこを明らかにできないところに、だれのための文明であるのかという答えがあるのではないでしょうか。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/06/04-1