(木曽八景) 風越の晴嵐 KISOHATIKEI かざこしのせいらん

 

木曽八景 風越の晴嵐
木曽八景 風越の晴嵐
宛名面

宛名面

木曽八景についてまとめられたページがありました。

木曽八景 は、寛保3年(1743)頃、徳川八代将軍吉宗の時代、 近江八景(注)になぞらえて選ばれた木曽路の景勝です。八景のうち、「棧の朝霞」、「寝覚の夜雨」、「風越の青嵐」、「駒ヶ岳の夕照」、「小野の瀑布」の五景は上松町、 「徳音寺の晩鐘」は日義村、「御嶽の暮雪」は開田、三岳、王滝村、「与川の秋月」は南木曽町に位置します。

 

風越かざこし晴嵐せいらん美しい緑の草山に爽快な夏風が吹き越していく

 

木曽地域が尾張藩領であったため、別のページにあるように、尾張中納言宗勝のころ(1743年前後)、尾張藩の書物奉行をしていた松平君山が木曽路を訪れ作ったとも、尾張の俳諧師、横井也有が作ったともいわれています。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/05/19-1