大東京の誇り 清洲橋 少年倶楽部付録

大東京の誇り 清洲橋 少年倶楽部付録
大東京の誇り 清洲橋 少年倶楽部付録
宛名面
宛名面

清洲橋は隅田川にかかる橋で、永代橋と対になる橋として、関東大震災後の復興の象徴として昭和3年に竣工しました。東京ブリッジコレクションに記事があります。

この永代橋と同じ頃に架けられたのが、上流にある清洲橋だ。僕が学生の頃、「男女七人夏物語」という明石家さんまの大ヒットドラマがあって、さんまが演じた主人公はここ清洲橋の袂にあるマンションに住んでいたので、ことさら印象深い橋だ。

この橋は「震災復興の華」と呼ばれたが、その名にふさわしい優美な鉄の吊り橋となっている。かつてケルン市にあったヒンデンブルグ橋をお手本にしているそうだ。親柱などにエレガントな街灯が取り付けられている。素材には当時海軍が研究していた低マンガン鋼が使われている。低マンガン鋼は炭素鋼に比べると張力に優れているため、こうした吊り橋などには最適なのだろう。

昔から力強い見た目の永代橋は男性、優雅な清洲橋は女性に例えられることが多いようだが、大正から昭和初期の最も日本が優雅だった頃の雰囲気を持っているカップルというわけだ。

重要文化財に指定されています。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/04/06-1