わが艦隊の組織(昭和11年度)少年倶楽部附録 日本海軍

わが艦隊の組織(昭和11年度)少年倶楽部附録
わが艦隊の組織(昭和11年度)少年倶楽部附録
宛名面
宛名面

それぞれの経歴を調べてみました

高橋三吉 たかはし-さんきち
1882-1966 明治-昭和時代前期の軍人。
明治15年8月24日生まれ。日露戦争の黄海・日本海海戦に戦艦敷島分隊長として参加,大正15年連合艦隊参謀長。昭和7年軍令部次長となり,伏見宮部長のもとで軍令部の権限拡大につとめる。9年連合艦隊兼第一艦隊司令長官。海軍大将。昭和41年6月15日死去。83歳。東京出身。海軍大学校卒。

コトバンクより)

 

加藤 隆義
カトウ タカヨシ

大正・昭和期の海軍大将 海軍大学校長。

生年明治16(1883)年3月20日
没年昭和30(1955)年2月10日
出生地東京
旧姓(旧名)船越
学歴〔年〕海兵〔明治36年〕卒,海大〔大正3年〕卒
経歴元帥加藤友三郎子爵の養嗣子。大正3年「春日」航海長、軍務局員を経て6年フランス駐在、8年パリ講話会議全権随員、帰国後第1艦隊参謀、東宮武官、14年「霧島」艦長、昭和2年国際連盟海軍代表、3年空軍代表兼任、4年軍令部第1班長を経て第1航空戦隊司令官、海軍大学校長、航空本部長を歴任、9年軍令部次長、10年第2艦隊司令長官、呉鎮守府長官、13年軍事参議官、14年大将となり、20年予備役。宮廷と海軍のパイプ役を果たした。

コトバンクより)

 

及川 古志郎(読み)オイカワ コシロウ
20世紀日本人名事典の解説
及川 古志郎
オイカワ コシロウ

大正・昭和期の海軍大将 海相。

生年明治16(1883)年2月8日
没年昭和33(1958)年5月9日
出生地岩手県
学歴〔年〕海兵(第31期)〔明治36年〕卒,海大〔大正4年〕卒
経歴日露戦争に「千代田」乗組で参戦、水雷学校を経て駆逐艦「朝潮」艦長、「夕霧」艦長、大正4年東宮武官、その後「鬼怒」「多摩」各艦長、軍令部第1班第1課長、海軍兵学校教頭、昭和3年少将、呉鎮守府参謀長、5年軍令部作戦班長、7年第1航空戦隊司令官、海軍兵学校長、10年第3艦隊長官、航空本部長、13年支那方面艦隊長官兼第3艦隊長官、14年大将、15年横須賀鎮守府長官、同年9月第2次近衛文麿内閣の海相となり三国同盟条約締結に踏み切った。16年10月まで在任、対英米開戦の路線を進めた。辞任後軍事参議官、海軍大学校長を兼任、18年海上護衛司令長官、19年8月軍令部総長に就任。レイテ沖海戦などを敢行したが、戦況を好転できず、20年5月辞任、軍事参議官となった。

コトバンクより)

私は絵葉書をきっかけに歴史を振り返るようになったのですが、知らなかったことの多さに驚いています。

そうした中で、巡洋艦と航空機を使った戦いの有効性が高かったことを知りました。むやみに戦線を拡大せず、これらの有効な兵器を中心に戦略を立てていけばおそらく、日本軍は実際ほど容易には負けなかったことでしょう。

実際には、むやみに戦線を拡大させた人々が日中戦争の中国側や、日本軍の側にもおり、有効な兵器であた航空機は陸軍と海軍の対立によって有効性が低下していました。

こういった歴史を単純にみるならば日本人の戦略性のなさとなるでしょうが、世界は経済活動のために動かされているという視点から見れば、国際的な金融家たちのエージェントとなった人々がこのような歴史を作るために一役買ったという見方になります。

果たして真実はどこにあるのでしょうか。

第一艦隊の第一戦隊の戦艦は「長門」と「扶桑」です。長門の人たちが国際金融家たちに協力して明治政府ができたことから「長門」と命名されたのでしょう。「扶桑」については、次のようにあります。

1 古代、中国で日の出る東海の中にあるとされた神木。また、それのある土地。転じて、日本の異称。(コトバンクより))

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/03/25-2