龍宮祭 少年倶楽部附録 田河水泡画

龍宮祭 少年倶楽部附録 田河水泡画
龍宮祭 少年倶楽部附録 田河水泡画
宛名面
宛名面

田河水泡について(ピクシブ百科辞典より)

たがわすいほう
日本の漫画家、現代美術家。代表作に「のらくろ」シリーズがある。

明治32年2月10日生誕、平成元年12月12日没。
ペンネームは本名の「高見沢(たかみざわ)」を「たかみず・あわ」とぎなた読みし、漢字を当てたもの。
日本美術学校(現・日本美術専門学校)卒業。現代美術家から文筆業(専業落語作家)を経て、漫画家へと転じた珍しい経歴の持ち主。
杉浦茂、長谷川町子、倉金章介など、後に漫画家として大成する多くの弟子を育てた。
代表作「のらくろ」が戦前に人気を呼んだ作品であったため、昭和の終わり頃にはすでに物故者と勘違いされる事が多く、存命であるにも関わらず新聞記事やニュースで「故・田河水泡」と誤って表記される事件が何度もあった。
現在、江東区文化コミュニティ財団が運営する「森下文化センター」1階に、田河の遺品を展示する常設展示館「田河水泡・のらくろ館」が存在し、生前の足跡を辿る事が出来る。

私は子どもの頃に、「のらくろ」の落書きを書いていた記憶があります。しかし、漫画自体は読んだ記憶がありません。

この絵は左下に乙姫様と浦島太郎が描かれている龍宮城の祭りの様子です。

販売

ヤフオク出品中:商品名:HY19/03/13-1