ブログ

結婚10年、夫婦は似てくるということを実感している。特に言葉使いや、考え方、服の着こなしといった部分が似てきてしまう。関心の向け方、感情の動き、判断の基準などが夫婦のそれぞれに影響を与えあって、単に同じものを食べ、生計を同じくしているという ...

ブログ

マスコミも政治家も、本来すべき仕事を全然していない。

いかに仕事をしていないのかを教えてくれるのは、そうした人々があえて不問にしている部分に光をあてて活動し、活動の内容を動画配信してくれている方々だ。

 

書評

生まれ変わりや、臨死体験をまじめに科学する研究者、日本の生まれ変わり事例の現地調査、死後の世界を信じる作家たち、否定的な人びとなどを通じて、死後の世界について考える

「魂」があり、死後も存在し続けて、生まれ変わったり、死者を迎えに来たり ...

書評

日本人は、元々住んでいた均質性の高かった縄文人に、殷のできた頃に中国大陸から朝鮮半島南部や日本列島に逃れた倭人が加わり、さらに渡来人が混じりあってできたのだろうか?本書は、骨格、遺伝子、墓の形状、使われていた道具、ATLウイルスの保有率、血 ...

ブログ

本日もお越しいただきありがとうございます。

今回も、国際金融資本について書いてあります。

 

===

現在のような国家ができたのは国際金融資本が影響力を増して世界を統制しはじめてからだっ ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

■目次新井白石と名古屋…………..栗田元次(1)
参河に於ける二つの田植神事….鬼頭素朗(4 )
初代歌政の絵本……R ...

たちよみ日和

 

私の家の裏に、晴天時限定で古本の無人販売を行っています。妻が、ここに江戸時代の高札のように掲示する看板を作ってくれ、「るびりん書林通信」も制作してくれました。ネットでも配布したいと思い、ここに公開させていただきます。立ち読み ...

ブログ

当時は使われていなかった「鎖国」や「士農工商」という言葉を作ったり、

「戦争責任」を追及して

自虐的な歴史を教え込む人々は、

事実とは相いれない一方で

想像力に富み、

感情を ...

ブログ

私の家の前の道をたくさんの自動車が走る。

いったいどのくらいの車が、本当に必要な活動のために走っているのだろう。

 

もちろん、たくさんの人が勤務先に向かうために、道路も電車もいっぱいだ。

郷土文化(名古屋郷土文化会)

■目次明治初年の戸籍簿研究の提唱…………..新見吉治(1)
鈴門遊学前後の服部菅雄……………R

戦前絵葉書

公主嶺農事試験場宛名面(漢数字、「里」、「満州」の書き込みと塗りつぶし)細部満蒙産業開発の為めに満鉄はあらゆる方面に長き努力を続けて来た。今や農業も牧畜も着々改良の実を挙げつゝある。 公主嶺は、旧満州の地名で、公主嶺市は、現、中華 ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

■目次宋版の「太平聖恵方」…………………………阪谷俊作(1)
万葉の高松尾張説の否定… ...

戦前絵葉書

THE VIEW OF SHUNPAN HOTEL, SHIMONOSEKI.宛先と送り主だけ記入されています。 春帆楼のサイトに歴史が詳しく記されています。・江戸時代の末、坂本龍馬を物心両面で支援していた本陣・伊藤家の招きで、豊中中津(大 ...

戦前絵葉書

 

昭和の大嘗祭にあたって、粟を献上した畑の記念碑と思われます。 2019年6月7日の47Newsによると、令和の大嘗祭のアワは愛媛県内子町の農業・泉田孝行さんが「献穀者」に選ばれたとあります。精粟はかく献上された──大嘗祭「米 ...

ブログ

 

 2日前から急に涼しくなりました。最近は、午後4時頃に打ち水をしていたのですが、今日あたりは、打ち水をする必要がなさそうなくらい過ごしやすい気温になりました。 夕方、仕事の区切りがついたので、散歩がてら新川の様子を見てきまし ...