ブログ

当時は使われていなかった「鎖国」や「士農工商」という言葉を作ったり、

「戦争責任」を追及して

自虐的な歴史を教え込む人々は、

事実とは相いれない一方で

想像力に富み、

感情を ...

ブログ

私の家の前の道をたくさんの自動車が走る。

いったいどのくらいの車が、本当に必要な活動のために走っているのだろう。

 

もちろん、たくさんの人が勤務先に向かうために、道路も電車もいっぱいだ。

郷土文化(名古屋郷土文化会)

■目次明治初年の戸籍簿研究の提唱…………..新見吉治(1)
鈴門遊学前後の服部菅雄……………R

戦前絵葉書

公主嶺農事試験場宛名面(漢数字、「里」、「満州」の書き込みと塗りつぶし)細部満蒙産業開発の為めに満鉄はあらゆる方面に長き努力を続けて来た。今や農業も牧畜も着々改良の実を挙げつゝある。 公主嶺は、旧満州の地名で、公主嶺市は、現、中華 ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

■目次宋版の「太平聖恵方」…………………………阪谷俊作(1)
万葉の高松尾張説の否定… ...

戦前絵葉書

THE VIEW OF SHUNPAN HOTEL, SHIMONOSEKI.宛先と送り主だけ記入されています。 春帆楼のサイトに歴史が詳しく記されています。・江戸時代の末、坂本龍馬を物心両面で支援していた本陣・伊藤家の招きで、豊中中津(大 ...

戦前絵葉書

 

昭和の大嘗祭にあたって、粟を献上した畑の記念碑と思われます。 2019年6月7日の47Newsによると、令和の大嘗祭のアワは愛媛県内子町の農業・泉田孝行さんが「献穀者」に選ばれたとあります。精粟はかく献上された──大嘗祭「米 ...

ブログ

 

 2日前から急に涼しくなりました。最近は、午後4時頃に打ち水をしていたのですが、今日あたりは、打ち水をする必要がなさそうなくらい過ごしやすい気温になりました。 夕方、仕事の区切りがついたので、散歩がてら新川の様子を見てきまし ...

戦前絵葉書

 

「日本の歴史と日本人のルーツ」の唐戸市場、下関市に、この絵葉書の彩色バージョンを含め、唐戸市場の歴史が記されています。① 唐戸市場の歴史(参考、wikiより)
明治期、下関は西日本最大規模の金融街として栄えた。その中 ...

戦前絵葉書, 戦後の絵葉書

 

震災前の神戸 その2に、震災後まで残っていた、この建物の写真があります。震災前には、三和銀行の支店として利用されており、震災後には取り壊されて、すぐに小さな銀行店舗が建ち、銀行閉店後の2005年にマンションが竣工。新ビル前に ...

戦前絵葉書

左:普賢菩薩中:釈迦如来右:文殊菩薩左:四季花中:寿老人右:四季花いずれも観光スタンプが押されています。指紋跡やシミあります。いずれも「大寧寺蔵版」とあります。 「大寧寺」は山口県長門市深川湯本にある曹洞宗の寺院。天

郷土文化(名古屋郷土文化会)

■目次東加茂郡足助町足助八幡神社鉄砲的打図板額について..山田秋衛(1)
鬼頭景義の一族と平田靭負……………………

戦後の絵葉書

 

大礼記念京都大博覧会は、昭和3(1928)年に昭和天皇即位大礼を祝して開催されました。大正天皇の岡崎公園に加え、二条城北の京都刑務所跡地、および恩賜京都博物館の3か所が会場にあてられました。入場者数は約318万人。(京都の博 ...

ブログ


・クララの実はしばらく見ないうちにすっかり熟してサヤが黒くなっていました。
・葦も伸びて、去年の枯れた茎よりも大きくなり、穂を出しはじめています。・今の時期は、ヨイマツクサ、ヒルガオ、ヤノネボンテンカが元気で、目を楽しませ ...

戦前絵葉書

 

踊る紳士:佐保美代子踊る紳士:小夜福子踊る女:逢阪せき子左:朝の歌 或る女 小夜福子/或る男の霊 佐保美代子右:我等の旅行記 ヂュエット 女・玉津真砂 男・草場咲耶左:我等の旅行記 マーチン・桜町公子右:翼のニッポン 雲の踊 ...

戦後の絵葉書

 

左:本館廊下右:故三谷卯三郎翁 肖像 (三谷伸銅)左上:設計図左下:相談室/方面事務室右上:大集会室右下:表玄関/診療所玄関左上:診療別室/患者待合室/調剤室左下:小委員会室/応接室右上:内科診察室/外科診察室右下:伯爵清浦 ...

郷土文化(名古屋郷土文化会)

 

 ■目次・ 也有とその時代/尾崎久弥/p1~13
・ 近世名古屋における一商業経営/日置弥三郎/p13~24
・ 御城代同心/新見吉治/p25~27
・ 津金胤臣の屍蝋/山田秋衛/p28~32

戦前絵葉書

左上:楚都濱より見る打瀬船の帰帆左下:紀伊箕島町楚都の松原根上り松右上:楚都濱海水浴右下:楚都の松原左上:楚都濱舘其一(剥がれあり)左下:楚都濱舘其二右上:楚都濱舘其三右下:楚都濱より刈藻島を望む 楚都濱は、現在の有